最近の記事

2013年01月10日

20130110近況、読書録「よくばりアジア買っていいもの悪いもの」

20130110近況、読書録「よくばりアジア買っていいもの悪いもの


 夕食にお好み焼きを食べる。
ふわふわとした中身に比べてさっくりした表面の焼き具合が美味
しい一品だった。

 今回食べた物の生地には、先だって食べたことを書いた大和芋
をすり下ろして入れた。今回もその粘りから出来上がりの美味し
さを想像して、ホットプレートに生地を入れている時からよだれ
が口の中に溜まってしまった。
 大和芋以外の具材はスタンダードに、
キャベツ
豚肉
こんにゃくの三種類のみ。こんにゃくはスタンダードではないか
もしれないけれども、私の家では必ずといっていいくらい煎れる
ようになっている。ここにちくわとか練り物をいれたり、魚肉ソ
ーセージをいれたりしても美味しいのだけれども、今回は大和芋
が入っているのでその味を楽しむためにいれなかった。

 表面がこんがりと焼きあがり完成、豚肉もこんがりと焼けてい
てお肉なのにサクサクとした食感に仕上がっている。
タップリのお好みソースとマヨネーズをかけて、かつおぶしもた
っぷりふりかけて頂く。
 お好み焼き粉だけで作った時よりも、しっとりふんわりと仕上
がっている。大和芋の威力恐るべしと思いながら食べ進めていく
と、一番中心の分厚い所ではすりおろしたイモが固まってあって、
まだ生のままだった。その為ふわっとした感じではなく、とろろ
そのままだった。この部分だけ醤油で食べたくなった。

 中心が生焼けになってしまった原因は、生地がよく混ざってな
くてとろろがまとまったままだったのと、まとまったままのとろ
ろは粘りが強くて、分厚いまま焼いてしまったからだろうと思う。
 分厚いほうが見た目が立派で美味しそうに見えるから、あまり
薄く伸ばすこと無く焼きあげてしまったが、表面だけが焼けてし
まった。もともと生で食べるとろろなので、お腹の具合に関して
は全く心配はないけれども、あまりお好み焼きらしくない食感で
不思議だった。

 今度お好み焼きをする時に山芋類をいれるなら、薄めに延ばし
て焼くようにしなければいけないなと思います。





ーーーーー

最近の読書

「よくばりアジア買っていいもの悪いもの」3

著者 長崎快宏
出版 祥伝社

p3より引用
“ボクは日用雑貨とか文房具を買うんですけど、こういうモノを
通して、いろいろな国の文化が見えてくるんですから、あなどれ
ませんよ。”

 ジャーナリストである著者による、アジアでお買い物をする時
の楽しみ方と注意点をまとめた一冊。
 タイはバンコクからマレーシアまで、数々の写真やイラストと
共に買い物のコツが記されています。

 上記の引用は、まえがきでの一文。
その土地の人が普段から使う物や食べるものこそ、かけがえのな
い大切な文化なのかも知れません。当たり前のように側にあるた
めに、いつの間にか無くなってしまうかもしれないので、大切に
していきたいものだなと思います。
 旅行代理店のツアーでは行かないような所が、数多く紹介され
ているので、旅行上級者の方には便利かも知れません。





ーーーーー

「ベトナムで見つけた」3

著者 杉浦さやか
出版 祥伝社

p182より引用
“ベトナムの干支には“猫年”があるのだ。”

 イラストレーターである著者による、ベトナムの魅力を紹介す
る一冊。
 北はハノイから南はカントーまで、タップリのイラストと写真
とともに書かれています。

 上記の引用は、現地の郵便局での事について書かれた項での一
文。猫年があるということは、干支が13年周期なのでしょうか?そ
れとも猫の代わりに追い出された動物がいるのでしょうか?ネズミ
が猫に食べられてしまったのかも知れません。
 著者のような楽しみ方は、ある程度旅慣れた方でないとできな
いのかもしれません。先に紹介した「よくばりアジア買っていい
もの悪いもの」では、p52“比較的治安の良いアジアにあって、ベ
トナムはフィリピンとともに最も危険な国のひとつであることを
シッカリと認識しておこう。”とのことです。





ーーーーー

「がんばらない」2

著者 鎌田實
出版 集英社

p15より引用
“自分の生き方を自分で決められないお年寄りも多いことは事実
である。”

 医師である著者による、患者たちとの交流を記した一冊。
 がん患者に対するケアについてから穴あき紙パンツについてま
で、所々に詩を交えて書かれています。

 上記の引用は、患者の自己決定の権利について書かれた項での
一文。寝たきりになって自分の意思を表すことが出来なくならな
いように、元気に寿命を全うしたいものです。
最後まで元気に過ごせるように、普段から体には気をつけようと
思いました。どんなに気をつけても、病気になる時はなるだろう
とも思いますが。





ーーーーー

「あきらめない」2

著者 鎌田實
出版 集英社

p27より引用
“がんになったと言うと、そこらじゅうから、これがいい、あれ
がいいと、おせっかいな声が聞こえる。惑わされてはいけない。


 医師である著者による、患者達との交流を記した一冊。
悪性腫瘍がありながら七年生きた人の話から現代医療の問題点に
ついてまで、著者の豊富な経験を元に書かれています。

 上記の引用は、転移性腫瘍を患って七年生きた人の話での一文。
自分の体の事なので、自分で納得のいくようにしたいものです。
しかし、病気になって闘病を手助けしてくれる人の言うことには、
素直に耳を傾けたほうがいいように思います。





ーーーーー

「それでもやっぱりがんばらない」2

著者 鎌田實
出版 集英社

p298より引用
“がんばりたくても、がんばれない人もいる。”

 医師である著者による、患者達との交流を記した一冊。
 命を守るコツについてから家族の力についてまで、著者の豊富
な経験を元に書かれています。

 上記の引用は、あとがきにかえての中の一文。
誰にでも出来ることと出来ないことがあると思うので、無理をし
ない範囲で行動しようと思います。
しかし無理をしなければ前に進めない事もあると思うので、何処
で無理をするかの判断が大切なのではないかなと思います。





ーーーーー

「一番大切なことがわかる「世界史」の本」3

著者 綿引弘
出版 三笠書房

p22より引用
“現段階では、この無限大の宇宙で生物の存在が確認されている
星はこの地球以外にはない。”

 歴史家である著者による、世界史を文庫一冊にまとめたもの。
「世界の歴史がわかる本」(全三巻)の改筆・再編集・改題版。
 ビッグバンの話から九・一一テロについてまで、重要な部分を
かいつまんで書かれています。

 上記の引用は、人類の誕生について書かれた項での一文。
今こうして生きていられるのは、奇跡といっても過言ではないの
かも知れません。自分で出来る範囲でも、大切にしていこうと思
います。
 人類の歴史は戦争の歴史とはよく聞く話ですが、要点だけをま
とめた本書を見ていると、本当に戦争の多さを改めて確認できま
す。





ーーーーー

「十津川警部「標的」」3

著者 西村京太郎
出版 角川文庫

p10より引用
“サイトに危険なメッセージが載ったとしても、それだけで、会
員のリストを提出せよという裁判所命令はとれなかった。”

 ミステリーの大家である著者による、おなじみの刑事が活躍す
る長編ミステリー。
 とあるサイトに殺人予告が書き込まれた、そこから始まる事件
に御存知十津川警部達が挑む。

 上記の引用は、サイトに書き込まれたメッセージについての一
文。書き込んでいる本人は冗談のつもりであっても、最近の事情
を鑑みるに、冗談でしたでは済ませてもらえないのではないでし
ょうか。楽しいネット空間がこれからも維持されるように、つま
らない事件は起こらないで欲しいものです。
 今作は鉄道やその周辺が舞台ではありません。十津川警部はい
つでも鉄道に乗っているか、旅先で仕事してるイメージもってい
ましたが、私がこのシリーズを読んでいないだけのようでした。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 23:20| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする