最近の記事

2012年12月17日

20121217近況、読書録「その日本語、伝わっていますか?」

20121217近況、読書録「その日本語、伝わっていますか?」

 昼食後に緑茶を飲む。
食後の口の中をすっきりとさせる気持ちの良い一杯だった。

 最近は緑茶といえばペットボトルに入った物が中心のようにな
っているけれど、今日飲んだものは急須で入れる方のお茶っ葉。
煎茶を自分で粉末にした物を、マグカップに入れてそのままお湯
を注いで、その上澄みを飲んだ。

 栄養価の点から言えば、底に溜まった葉っぱもそのまま飲めば
いいのだろう。緑茶の有効成分はほとんど茶殻の方に残っていて、
急須で漉して飲む方法は実にもったいないことをしていると、以
前何処かで聞いたように記憶している。
 しかし、いくら栄養価が高くて食べてしまったほうがいいと分
かっていたとしても、ふやけたお茶の粉は飲み込むには喉越しが
悪すぎる。実際に試した事もあるが、かなり飲み込むのがきつい。
 粉のまま全て取り入れるのならば、ぬるいお湯を注いでふやけ
てしまう前に一気に流し込んでしまうほうが、ほんの少し飲みや
すい。それでも喉に引っかかる感じがするので、自分で粉にした
ものはかなり粒子が荒いのだろう。

 ペットボトルの緑茶は大変良く売れているらしいが、急須で煎
れるお茶っ葉の方は段々売れにくくなっているとのこと。多分飲
むまでの手間と時間、飲んだあとの急須の後始末が面倒くさいか
らなのかなと思う。
 外出先で気軽に飲むことが出来ないのも、ペットボトル入りば
かりよく売れる原因だと思う。キャップを開けたらすぐに極々飲
むことが出来る、家ではお茶っ葉で飲む私も外ではよくお世話に
なっています。同じ値段で売ってあるなら、お水を買うよりは少
しお得感があるような気がするし。

 お茶っ葉が今より売れるようになるには、せめて自分の家で飲
む時には、面倒くささを感じることのない飲み方を考えることが
出来たらいいのではないかと思う。
 私のしている煎茶を自分で粉にして、直接マグカップに入れる
方法は結構簡単。2000円のミルミキサーで初められるので、金銭
的な負担も少ない。マグカップなら洗いやすいから、この点でも
手間が少ないのではないかなと思う。

 上澄みだけを飲むなら口の中もざらざらしないので、緑茶をお
茶っ葉で淹れて飲みたいけど面倒くさいという人は、試してみる
と面白いかも知れません。
 粉にするのが面倒くさいかも知れませんし、濃いお茶が苦手だ
と最後のほうが濃くなりすぎるかも知れませんが…。





ーーーーー

最近の読書

「その日本語、伝わっていますか?」3

著者 池上彰
出版 講談社

p24より引用
“こちらの神社を紹介するたびに、「『ふたらさん』の読み方も
しらないのか」という抗議電話がかかってきます。”

 フリージャーナリストである著者による、日本語の不思議さと
面白さについて記した一冊。
 著者の放送での苦労話から敬語についてまで、よくある間違い
例などをあげて解説されています。

 上記に引用は、読み方が違う二荒山神社という二つの神社につ
いて書かれた項での一文。
自分が知っている事が全てだと思い、文句を言うような事はしな
いように気をつけようと思いました。世の中には時間に余裕があ
る人が、案外たくさんいるのだなとも思いました。
 改題、加筆修正は表紙に書いて欲しいと思います。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:24| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする