最近の記事

2012年12月11日

20121211近況、読書録「値段のカラクリがズバリ!わかる本」

20121211近況、読書録「値段のカラクリがズバリ!わかる本」

 朝食にアンパンを食べる。
しっかりした甘さのつぶあんが美味しい一品だった。

 先日私用で何日か出かけた先で、手伝いに来てくれた方たちに
食べてもらうおやつとして、大量に購入した物が余ったもの。
たくさん残しておいても手伝った家の人だけでは食べきれないの
で、ありがたく頂いて帰ってきた。
 アンパンの他にはジャムパンとクリームパンがあったが、圧倒
的にアンパンの数が多かったために、アンパンばかり余ることに
なった。買い出しには私も行ったのだが、お店の方でもアンパン
を多く仕入れているみたいだった。

 最初にパンにあんこを合わせた人は天才だと思う、多分ずっと
昔から日本にあったあんこに、海外から入ってきたパンを合わせ
てみようという試みは、思いついた当時はとても斬新だったにち
がいない。
 アンパンはすっかりおなじみになっているが、普通の食パンに
あんこを塗って食べるのは、まだ少しマイナーな感がある。
名古屋では当たり前のようだけれども、その他の地域、少なくと
も私の住んでいる所では、あまり聞かない。

 アンパンが美味しくて小倉トーストも美味しいのに、どうもい
まいちマイナー感が私の住んでいる地域にあるのは、あんこがジ
ャムの隣に売っていないからではないかと思う。
 あんこが置いてあるのは、和菓子の材料のコーナーが多く、お
菓子の材料の一つとして扱われているのだろうと思う。
詰められている入れ物も、ビニールの入れ物ばかりでパンに塗っ
て食べるには少々使い勝手が悪いのではないだろうか。

 今現在あんこをお菓子の材料の一つとして扱っているお店は、
試しにジャムのコーナーにあんこを置いてみると面白いように思
う。あんこのメーカーはビニール袋入りばかりではなくて、ジャ
ム用の瓶に詰めて売れば、小倉トーストが食べやすくて売れ行き
が上がりそうな気がする。

 私の住んでいる所が田舎で、瓶入りのあんこが売っていないだ
けかもしれないのかもしれないけれど、そうでないならばあんこ
はビンに詰めてジャム置き場に置いてほしいなと思います。





ーーーーー

最近の読書

「値段のカラクリがズバリ!わかる本」3

編  博学こだわり倶楽部
出版 河出書房

p82より引用
“けっきょく、われわれは、宝石店のゴージャスな雰囲気に、
お金を払っているというわけである。”

 世の中に溢れる、ものやサービスの値段の内訳などが紹介され
た一冊。
 週刊誌から高速料金まで、普段気にせずに支払っているお金に
ついて書かれています。

 上記の引用は、宝石の値段について書かれた項の中の一文。
本当に資産価値がおるものは、1000万円以上位のものからだそう
です。雰囲気につられて、自分に必要のないものを買うようなこ
とはしたくないものです。
 物の値段を安くするためには、かなりの無理があったりするよ
うですが、少しでも安く買いたいという気持ちは多くの人が持っ
ていると思います。けれどあまりにも安いものを求めすぎると、
供給側が潰れてしまいかねないので、程々のところで妥協するの
も考えた方がいいかも知れないなと思います。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 20:58| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする