最近の記事

2012年12月04日

20121204近況、読書録「人生訓なんて、蹴っとばせ」

20121204近況、読書録「人生訓なんて、蹴っとばせ」

 昼食にパスタを食べる。
久しぶりに外で食べるパスタは美味しかった。

 トマトとにんにくのシンプルな物を注文したのだが、家で食べ
るものと比べるとにんにくがしっかりと効いていて、シンプルな
のにとても強い味わいだった。
 家で作られるものは、自分以外の家族の味付けの好みがあるの
で、どうしても優しい味付けになりがち。もともと私はにんにく
が好きなので、にんにくが強く出されたソースがとても好みにあ
っていて嬉しかった。

 パスタを全て食べ終わったところで、お皿の上にはソースが残
った。今日食べたお店ではパンは置いていないので、もったいな
いからソースだけを食べることになったのだけれど、ソースだけ
を食べるには少しこってりしている。
 こういうソースの多いタイプのパスタを食べる時には、博多の
ラーメン屋台でお馴染みの替え玉があったらありがたいと思う。
パスタだけを追加すると今度はソースが足りなくなりそうだが、
その辺のさじ加減はお店の方で上手く調節してくれたらいいと思
う。

 パスタの替え玉が無理ならば、ピザ生地を白焼きしたものを注
文できるようにしてもらえると嬉しい。こちらならソースの残り
具合に合わせて、注文できる大きさを変えるのも簡単なのではな
いだろうか。
 パスタなら替え玉を頼んで途中でお腹が大きくなったら辛いと
ころだけれど、ピザ生地ならお持ち帰りにするのもしやすそうに
思える。

 いつかパスタもピザもその他の麺類も、ご飯と同じように気軽
におかわりができるお店が増えたらいいなと思います。





ーーーーー

最近の読書

「人生訓なんて、蹴っとばせ」3

著者 北方謙三
出版 PHP文庫

p5より引用
“人生訓とは表裏をなす、個人的な志向があることを認識するこ
とによって、人生訓で得る真実は大きなものになる、と私は確信
している。”

 ハードボイルドや時代小説で有名な著者による、氏の著作の中
の登場人物達の科白を集めた一冊。
 友情に関するものから生死に関するものまで、間にエッセイを
挟みながら収録されています。

 上記の引用は、はじめにの中の一文。
正論ばかりでは息が詰まってしまうので、時にはひねくれたこと
を言ってみたくなるのは、誰にでもあることなのかも知れません。
 奥付にこの作品が、以前同出版社から出されたものの改題した
ものであると書かれています。前にも他の本のところで書いたと
思うのですが、こういう事は表紙に書いておいて欲しいと思いま
す。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 20:57| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする