最近の記事

2012年11月11日

20121111近況、読書録「人生を豊かにする『歎異抄』」

20121111近況、読書録「人生を豊かにする『歎異抄』」

 昼食に焼きそばを食べる。
ソースの香りが食を進ませる一品だった。

 今日は用事で外にでていて、用事の場所で屋台の焼きそばを食
べたのだけれど、たまに外で食べる食事は美味しい。残念なこと
に天気は悪かったけれども、それでも美味しかった。
 入っていた具材は実にスタンダード、
そば
豚肉
キャベツ
人参と実にシンプルだけれどそれゆえに美味しい。
 焼きそばの他にはこちらも屋台の焼き鳥を食べた、塩味のあっ
さりした味付けだけれども肉の味がコクてこちらも美味しい。
使っている火力もガスではなく本物の炭火で、焼き目の味が香ば
しくて家で食べるものとはひと味も二味も違った。

 残念なことは、こう言う屋台で食事をするとご飯を一緒に食べ
ることができない所。その辺のスーパーなどで白ご飯を調達して
くればいいのだろうけれども、用事で忙しいのであちこちうろう
ろ出来ないのと、始めてきた土地で土地勘が無いので買いにいけ
なかった。
 どちらも一食のオカズとして十分に力のある一品であっただけ
に、ご飯が欲しいと心底思った。

 こういう屋台の出るイベントでは、ご飯を出す屋台が専門で一
つあってもいいのではないかと、ご飯党の私としてはいつも思う
所。本当にただ炊きたての白ご飯を出してくれさえすれば、屋台
の魅力が数倍アップするのに。
 おにぎりにしろとか炊き込みご飯にしろとか、面倒くさい事を
言っているのではない。炊飯器とコメと水があれば米が炊けるの
だから、それほど難しいことではないと思うのだけれど。

 そんなにご飯を炊いて余ったらどうすればいいんだと言われる
のかもしれないけれど、ご飯なら余ってしまった分は店の人で分
けてもって帰っても食べるのにそれほど苦にならないのでは?
 それにご飯を用意するなら、洗って水に浸けて30分、炊き上が
るまで1時間弱、大体2時間あれば用意できるのだから、人出を見
て炊く量を調節するのも難しくないのではないかと思う。
お米で余ったのなら、次の機会へ回すにしても保存しやすいと思
う。

 家に帰っておにぎりを食べた時、やっぱり外で食べるよりも家
で食べる食事のほうがいいと、心底思いました。





ーーーーー

最近の読書

「人生を豊かにする『歎異抄』」3

著者 高城敏郎
出版 PHP文庫

p50より引用
“そうした成功者の陰に多くの失敗者や敗北者たちが存在すると
いうのが現実です。”

 弁護士である著者による、歎異抄を現代語訳し解説を加えた一
冊。
 他力本願についてから宗教的な善悪についてまで、著者の弁護
士としての経験を元に書かれています。

 上記の引用は、悪人の自覚について書かれた章の一文。
数少ない成功者の話よりも、この先に備えて失敗した例を教えて
欲しいものです。
 仏教の経典についての解説なので、宗派が違ったり他宗教の方
は合わないかも知れません。

ーーーーー








ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:47| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする