最近の記事

2012年10月10日

20121010近況、読書録「踊る腹のムシ」

20121010近況、読書録「踊る腹のムシ」

 先日の昼食と夕食に鯖の押し寿司を食べる。
箱に入れて押したものではなく、細めの丸太のような大きさにご
飯を整えて重しをかけた、豪快な一品だった。

 少し前、住んでいる集落の毎年恒例の秋祭りに合わせて、こち
らも毎年恒例の鯖寿司を、家族が作ってくれた。脂のしっかり乗
った鯖を、惜しげも無くタップリと使って作られており、一切一
切が大変贅沢に感じざるを得ないボリューム。

 昨年も書いたかもしれないが、最近鯖寿司を食べる時はわさび
醤油ではなく芥子醤油で食べている。
 しかし残念なことに昼食時にはカラシが切れていた、まぁわさ
び醤油で食べても大変美味しいので問題は無いのだけれども。

 鯖寿司と並んで秋祭りに食べるものは、赤飯。今年はわけあっ
て木枠で型押したのだけれど、私が力一杯押して型を整えたため
か、ものすごくしっかりとしたタイルのような赤飯の塊になって
しまった。
 まぁしかし、どんなに固めたとしてももち米。粘りがあってく
っつき合っていたとしても、箸で割りながら食べることはできた。

 お祭り当日に食べたものは、会席のパック料理だった。
私がまだ幼い頃は、その年の当番の家で料理を作り、宴会の場所
もその家だったため、個人の負担がキツかったと父母の談。
 それに比べたら楽になったと言っているが、私としては全然楽
ではない。酒が飲めないのに酒の席に居続けなければならないと
いうのは、正直に言うとどうしようもないほどの苦痛である。
楽しく飲んでくれる人ばかりなら苦痛など無いのだけれども、そ
こは大勢が集まる場所なので、酔うとどうしても絡んだりする人
がいたり飲めないことを攻める人がいたりする。そんな時は本当
にうんざりする。
 しかし今年は何故か誰にも絡まれなかった、皆比較的大人しく
飲んで食べていてくれたので、とても助かった年だと思う。

 お酒は飲める人で楽しく飲んで貰えればありがたい、飲めない
人は飲まなくても平気なんだからそっとしておいて欲しいと思い
ます。





ーーーーー

最近の読書

「踊る腹のムシ」4

著者 藤田紘一郎
出版 講談社

p251より引用
“しかし「魚食日本」が知った「生の魚の味」をそのまま、獣肉
にあてはめて生で食べるのは危険きわまりないことだと、僕は思
うのだ。”

 寄生虫学者である著者による、人の食生活と寄生虫に関する話
をまとめた一冊。
 サナダムシをお腹に飼う話からグルメな生食の危険性について
まで、ダジャレを交えた楽しい文章で大切なことが書かれていま
す。

 上記の引用は、生肉の危険性について書かれた章の一文。
最近話題になった生肉の話といえば、牛生レバーの事ではないで
しょうか。法律で禁止される事になったのですが、そこに至るま
でに何人も体に異常を来した人がいるでしょうに、どうして食べ
る側の人達が自主的にやめなかったのでしょうか。
そういう場所によく行くのであれば、仲間内で危ない目に合う人
もいた可能性は高いと思うのですが…。
 たとえ体を悪くしてしまうとしても、食べることをやめられな
いくらい美味しいのかも知れませんが…。苦しむのは本人なので
覚悟の上かも知れませんが、不測の事態に陥った時に周りに後始
末をしてもらうことにならないように、気をつけたほうがいいの
かもしれませんね。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:13| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする