最近の記事

2012年08月22日

20120822近況、読書録「こちら葛飾区亀有公園前派出所16」

20120822近況、読書録「こちら葛飾区亀有公園前派出所16」

 昨日カレーを食べる。
お鍋に残った最後のカレーで、しっかりと煮込みが効いていて最
高に美味しい一品だった。

 お鍋の最後の残りで、私一人分しか無かったので、好きなよう
に味付けしていいと家族からお許しが出た。せっかくなので喜び
勇んでオリジナルに味付け、普段のカレーでは決して味わえない
ようなものに仕上がった。
 追加で入れたものは、
ウスターソース少々
一味唐辛子
胡椒
カレー粉
これらを心置きなくフィーリングに任せて入れて、しっかりと煮
込んで食べた。

 ウスターソースは味に更にコクを加えてくれて、少しの量で沢
山のご飯を食べることが出来るようになった。コツはほんの少し
入れること、多すぎるとソースの味と香りが勝ってしまいカレー
らしく無くなってしまう。
 私の父たちが子供の頃は、今と違ってカレーはもっと味が薄く
黄色い液体だっただけのように聞いたことがある。ただ単にカレ
ールーを入れる量が少なかっただけのような気がするが、薄いカ
レーを美味しく食べるための工夫として、ウスターソースをかけ
て食べていたそうだ。

 今回追加でつけた味は概ね成功、しかし少し辛くしすぎたよう
にも思う。食べている最中に汗が吹き出して、テーブルの上に汗
溜まりが出来てしまったのには笑ってしまった。
 辛いカレーを食べていると汗をかくのだけれど、不思議な事に
汗が吹き出てくるのはなぜか首から上ばかりだった。体からはほ
とんど汗が出ず、シャツもあまり濡れることがなかった。

唐辛子の辛さは体の感覚で言えば、熱さと同じだと聞いたことが
ある。英語で唐辛子の辛さをホットと表現するのも、この辺から
来ているとも耳にしたような気がする。
 なるほど今回食べたカレーのお陰で、身を持って知ることにな
った。

 シャツがあまり濡れることはなかったけれども、辛いカレーを
外で食べるとこぼれた汗でズボンが濡れることになるので、やは
りカレーは家で食べるのが一番だなと思いました。





ーーーーー

最近の読書

「こちら葛飾区亀有公園前派出所16」3

著者 秋本治
出版 集英社

p62より引用
“高級な酒やたべ物を一気にたべたり……
たばこの吸いすぎで胃の方がびっくりしたんじゃないのか!”

 ハチャメチャな警官・両津勘吉が巻き起こす、ドタバタした日
常を描いた一冊。著者自選による文庫傑作集。
 毎度おなじみの派出所の登場人物達の、賑やかで楽しそうな活
躍が盛り沢山です。

 上記の引用は、部長が体に気を使う話での、部長の一言。
どんなにおいしいものでも、慣れていないものを一度に摂ると体
に良くないのかも知れません。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:28| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする