最近の記事

2012年07月18日

20120718近況、読書録「続プロレススキャンダル事件史」

20120718近況、読書録「続プロレススキャンダル事件史」

 夕食にトマトソーススパゲティを食べる。
暑い季節の疲れもすっかりとれてしまいそうなくらい、真っ赤な
トマトの色が目に鮮やかな一品だった。

 今日のトマトソースは頂きものの市販品、頂いた方は入ってい
る瓶が欲しくて買ったそうで、ご家族がトマトを食べないので、
食べ終わったらビンだけほしいとのこと。おかげで中身を楽しま
せてもらえるのだから、実に有難い提案だと思う。
 大きさから言って多分2リットル位は入っているように思う、最
近増えている海外の大型スーパーで購入された輸入モノだった。

 茹でたパスタにビンから出したソースをそのまま絡めていただ
いたのだが、どうも普段から食べているトマトソースの味に比べ
て酸味が強いように感じた。使われているトマトの種類が違うせ
いなのか、本場の味付けはこうなのかは知らないけれども、甘み
が少々足りないように思えた。
 多分、普段日本の気軽に入れるレストランや、自分の家で味を
整えたトマトソースは、他の調味料の具合で随分日本風に味付け
されているのではないだろうかと思う。出汁などをもう少し加え
てみたら、酸味がもう少し抑えられて穏やかな味になったのかも
しれないが、自分で作っているわけではないのであまり多くのこ
とを言うのはいかがなものかとも思う。

 今回食べたソースの味ならば、冷たいパスタに絡めていただい
たら、さっぱりとした感じがより感じられていいかもしれない。
 ここ最近暑さがきつくなってきているので、冷たい麺類がおい
しい。普段冷たい麺類といえば、麺つゆで食べることばかりなの
で、きっと気分が変わって美味しいのではないかなと思う。

 そこで思ったのだけれど、トマトソースだからといってパスタ
にだけ合わせて使わなくてもいいんじゃないかなと思った。
それこそ麺つゆにこのソースを好みの分量入れて、そうめんやひ
やむぎなどを食べても美味しくいただけそうな気がする。
 これで美味しかったら、このソースが無くなってもトマトのみ
じん切りを薬味にしたり、どこでも手に入るトマトジュースを麺
つゆに入れて食べるのもいいかもしれない。

 暑い季節の冷たい麺類の、食べ方の種類が沢山あると飽きるこ
と無く楽しめるので。今年は去年より、より一層楽しく食べて夏
を過ごすことができそうです。





ーーーーー

最近の読書

「続プロレススキャンダル事件史」3

編集 別冊宝島編集部
出版 宝島社

p113より引用
“ぶつかっていけば生きがいは出てくるもんだ」”

 数々のスポーツライターや編集者達による、プロレス業界で起
こったスキャンダラスな出来事について書かれた一冊。
 選手へのインタビューから亡くなられたレスラーの死因につい
てまで、数々の写真とともに書かれています。

 上記の引用は、とあるプロレスラーの一言。
生きがいは探して回るものではなく、少しずつ作り上げて育て上
げていくものなのかもしれないなと思いました。
 エピソードに出てくるプロレスラーの方々の中には、既に亡く
なられておられる方も何人かいて、時の流れを感じます。


ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:51| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする