最近の記事

2012年05月30日

20120530近況、読書録「鉄人の中国健康料理」

20120530近況、読書録「鉄人の中国健康料理」

 昼食に納豆ご飯を食べる。
納豆をかき混ぜる暇もなかった繁忙期が、終わったことを実感で
きる一品だった。

 ゆっくりとテーブルに座って、ゆっくりと納豆をかき混ぜてご
飯にかけて食べることが出来る。静かに食事ができる事が、何よ
りも幸せなんだなと思う。
 今日のトッピングは塩昆布、かき混ぜている納豆に塩昆布を納
豆の3分の1位の量加えて、更にしっかりとかき混ぜる。納豆はあ
る程度しっかりとかき混ぜたほうが美味しくなると、小泉武夫氏
の著書に書かれていたように記憶している。
発酵の専門家であらゆる物を食べて世界を回っている方の言うこ
となので、素直に聞いてしっかりとかき混ぜておく。

 納豆ご飯を食べる時は、ご飯と絡ませながら食べやすいように、
出来るだけ大きい器を使うようにしている。家の中で一番大きい
と思われる、ラーメン用のどんぶりの中に納豆を移して、がしが
しとかき混ぜる。
 かき混ぜている箸が重たくなってくるくらいまでかき混ぜ、そ
こにご飯を入れる。こうして食べ始めると器の大きさがあるため、
ご飯と納豆を絡ませる時にこぼしてしまうことが無い。私のよう
な不器用な方には、おすすめのやり方だと思う。

 納豆と塩昆布の組み合わせだけれども、コレはなかなかいける
組み合わせだと思う。納豆に付属しているタレの旨みに加えて、
昆布の旨みが更に加わって、実に美味しい。
 今回はタレを使ったけれども、タレを使わずにもっと多めに塩
昆布を入れただけで食べてみても美味しいのではないかと予想す
る。多分醤油はいれなくても、塩昆布の塩気で十分に味が付いて
くれるのではないだろうか。

 ただ今日食べた時には、少々の難点が残った。かき混ぜてすぐ
に食べ始めたので、塩昆布がふやけておらずかなりの硬さを残し
ていたところがあった。
 納豆の柔らかさと塩昆布の硬さが、いい食感のコントラストに
なっているとも思えるけれど、柔らかくズルズルと食べたかった
今回に関しては失敗な気がした。その時の気分で硬いままのほう
が美味しく感じることもあるかもしれないので、その時の気分で
ふやけさせるかどうかは決めればいいと思う。
柔らかいほうが好きな人は、佃煮の昆布を入れるとより美味しい
かもしれない。

 次の繁忙期が始まるまでに、タップリとゆっくりと納豆ご飯を
楽しんでおきたいと思います。





ーーーーー

最近の読書

「鉄人の中国健康料理」5

著者 陳建一
出版 中央公論社

p5より引用
“ともすれば脇役になりがちな野菜料理ですが、栄養のバランス
を考えるとこれほど重要なものもありません。”

 かの有名な中華の鉄人である著者による、野菜を中心とした中
国料理を紹介するレシピ集。
 手軽な炒めものから手間ひまのかかる漬物まで、食欲をそそる
カラー写真とともに書かれています。

 上記の引用は、まえがきの中の一文。
主菜が肉や魚であると、野菜はどうしても付け合せとして出てく
ることが多くなりがちです。本書で紹介されている料理の写真を
見ていると、野菜が中心でも主菜として十分なおかずになりそう
だなと思います。
 丁寧なレシピ解説とともに、中国料理ならではの調理法のコツ
や、調味料・香辛料も紹介されているので、往復しながら読めば
わからない所が無くなるように書かれています。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:23| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする