最近の記事

2012年05月02日

20120502近況、読書録「スヌーピーのもっと気楽に5」

20120502近況、読書録「スヌーピーのもっと気楽に5」

 夕食にお寿司を食べる。
もうまもなく繁忙期に入るために、景気づけとしてお寿司にした。

 景気づけと入っても、それほど景気がいいわけではないので、
スーパーのパック寿司を買ってきて家でいただくことになった。
 大体忙しい時期の前というのは、お金が少ない時期なので、そ
れほど大盤振る舞いすることなど出来るはずがない。
繁忙期が終わってからその時の具合によって、打ち上げも考えた
いと思う。

 今日食べたお寿司の中に、海苔巻きを裏返しにしたようなもの
があった。具は普通に真ん中にあったのだけれど、その周りの海
苔とご飯がひっくり返っていて、そのご飯の外側にたらこか何か
魚卵がまぶされていた。味としては海鮮巻きのその味でとても美
味しくいただけた。

 この裏巻きと言っていいのかわからないが、このタイプのお寿
司はいつ頃から出来たのだろう。お寿司といえば回転寿司かスー
パーのパック寿司を食べるのが主流の私なので、全くわからない。
 カウンターで食べるような寿司屋さんなら、昔からあったのか
もしれないと思うが、よく考えたらそんな事はないはずだとも思
う。

 お寿司はもともと手でつまんで食べるものだったとすると、海
苔巻きのノリが内側に入っていてご飯が外側に出ているのは、手
でつまむのにはあまり適していないように思われて仕方が無い。
握り寿司もご飯むき出しではあるが、今は巻き寿司のことしか考
えないことにしよう、そうしよう。
 昔からやっているお寿司屋さんならば、お客が食べるのに不便
な思いをするような作り方をするとは思えない。お客に飽きられ
ないように工夫するということも考えられるが、まあいい。

 多分こういう裏巻きというか外巻きというか、ひっくり返った
巻き寿司はお箸で寿司を食べるようになってから出来た種類のよ
うな気がする。
 と、ここまで書いて思い出したのだが、海苔の色があまり良く
思われない海外で考案されたもの、というようなことをどこかで
読んだと記憶している。思い出してみるとなんだか拍子抜けして
しまう。

 そういえば欧米では、タコやイカなどもあまり好まれないらし
い。タコやイカといえばお寿司の定番のネタなので、食べられな
いとなると選択肢が狭くなってしまいそうだが、その分日本では
使われないような物をネタに使って種類を増やしているようだ。
 アボカドを使ったりするのは、海外に寿司が進出しなければ出
来なかった組み合わせだと思う。海老とアボカドの組み合わせは、
なかなかに美味しいいい組み合わせだと思う。

 無事に繁忙期を終わらせて、また打ち上げでお寿司を食べたい
ものです。





ーーーーー

最近の読書

「スヌーピーのもっと気楽に5」4

著者 チャールズ・M・シュルツ
訳  谷川俊太郎
出版 講談社

p144より引用
“いうこときくボールありますか?”

 長年親しまれている新聞連載漫画を、日本語訳しオリジナル編
集を施した一冊。
犬のスヌーピーとその周囲の人達の何気ない日常が、所々鋭い意
見と共に描かれています。

 上記の引用は、登場人物の一人が父の誕生日プレゼントを買う
話での一言。いつもゴルフボールに向かって怒鳴りつけているら
しいですが、何かに熱中すると無駄と分かっていてもしてしまう
ことというのは、どこの国でも同じようです。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:17| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする