最近の記事

2012年05月01日

20120501近況、読書録「スヌーピーのもっと気楽に2」

20120501近況、読書録「スヌーピーのもっと気楽に2」

 夕食に筑前煮を食べる。
タケノコが多い目に入れられた、春らしい一品だった。

 普通の筑前煮にはしいたけが入っているものだけれど、私は残
念なことにしいたけが大の苦手。いい大人が何を言っているのか
とよく言われるが、嫌いなものは嫌いなのでしょうがないと思う。
 食べたら食べることは出来るけれども、食べても気分が良くな
いし美味しいと思うことが出来ないので、食べない。

 正直自分でもどうしてこんなに嫌いなのか全くわからない、い
つの間にか気が付いたら嫌いになっていたというのが、私として
は本当の所。
 両親に聞いた所、子供の頃はオカズの中のしいたけを選んで食
べていたそうだ。物心付く前に食べ過ぎてしまって、一生分のし
いたけを食べたんじゃないのか?とは両親の談。

 この話はあながち間違いでもないかもしれないなと思う。ある
一定量を食べてそれ以上食べたらアレルギーが出てしまう量を、
子供のうちに食べてしまっていて、自分の体が本能的に防御して
いるのかもしれない。
 食品に限らずアレルギーというのは、ある日突然といっていい
くらい急に発症してしまうらしい。花粉症なども、前年はなんと
も無かったのに次の年にいきなりなってしまったりという話を、
よく耳にする。
 こういう話を聞いていると、一体どうやって毎日を過ごしたら
いいのか分からなくなりそうだ。何を食べていてもいつ何時アレ
ルギーになってしまうかわからないのでは、怖くて物を食べられ
ない。

 アレルギーが増えてきたのは、寄生虫感染が無くなってきてか
らだという話は、藤田紘一郎氏の著書に書かれていたように記憶
している。日本人の清潔好きの行き過ぎによって、アレルギーが
増えたというようなことが書かれていた。
 何事も程々にして置かなければいけないということかもしれな
いが、アレルギーを防ぐためにお腹に虫を飼うのはなかなか抵抗
がある。藤田氏はサナダムシを飼っておられたそうだけれど、さ
すがに真似はできそうにない。

 そういうわけで、私はしいたけアレルギーになってしまわない
ように、今後も出来るだけしいたけを食べないようにしていきた
いと思います。
 こういう言い訳をする大人になってはいけません。





ーーーーー

最近の読書

「スヌーピーのもっと気楽に2」4

著者 チャールズ・M・シュルツ
訳  谷川俊太郎
出版 講談社

p63より引用
“配られたトランプで勝負するっきゃないのさ…”

 長年親しまれている新聞連載漫画を、日本語訳しオリジナル編
集を施した一冊。
 犬のスヌーピーたちの何気ない日常が、ところどころ鋭い意見
と共に描かれています。

 上記の引用は、どうして犬でいられるのかと聞かれたスヌーピ
ーの一言。無い物ねだりをするよりも、今ある手駒でやりくりし
た方が、物事は前に進みやすいのかも知れません。
 登場人物達は小学生なのでしょうけれども、なんとも言えず大
人びているというかひねくれているというか、ユニークな人物が
多いです。
 野口悠紀雄氏の著作で読んだと記憶していますが、若年世代の
日常英会話のお手本として良いらしいです。コマの外に英語も書
かれているので、英会話の入り口としても読みやすい一冊だと思
います。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 20:56| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする