最近の記事

2012年04月09日

20120409近況、読書録「なるほど、料理の言葉」

20120409近況、読書録「なるほど、料理の言葉」

 昼食に餃子を食べる。
スーパーで買ってきてあった冷凍食品のものだが、中身もしっか
りしていて決して手作りに劣らない一品だった。

 餃子を食べる時には餃子のタレがあると有りがたいが、残念な
ことに今日は冷蔵庫に無かった。しかしラー油は残っていたので、
ポン酢と合わせてタレにして食べることにした。
他に家族は芥子醤油で食べていたため、時々そちらもつけさせて
もらって味の違いを楽しむことが出来た。

 少し前に食べるラー油が流行していたみたいだけれど、結局未
だに口にしていない。いつか食べよういつか食べようと思いなが
ら、CMもされなくなってしまって食べる気分もなくなりつつ有る。
 コレだと思ったことは機会を逸する前に、即行動に移したほう
がいいのかも知れないが、あまり流行りを追いかけてばかりいる
のも疲れる。今回は縁がなかったと思っておこうかなと思うが、
多分スーパーに行ったら売ってあってつい買ってしまうんだろう
なとも思う。
 優柔不断で時々困る。

 ラー油ポン酢と芥子醤油とで食べ比べてみたところ、私の好み
ではポン酢のほうがよかった。ポン酢の酸味とラー油の辛味が餃
子のタレに近くて、美味しくいただくことが出来た。
ここに少し麺つゆを混ぜると、旨みが更に加わって美味しいかも
知れない。

 一方芥子醤油の方も負けず劣らず美味しく、カラシの香りと辛
さが餃子の美味しさを引き立てる。ただこちらの方は少し醤油の
塩味が強いため、付ける量に気を付けないと塩辛すぎる。
私はついついたっぷりと付けてしまいがちだから、こちらはあま
り向いていない。たっぷりつけなければいいだけのことだけれど。
 普通の濃口醤油よりも、旨みの強いたまり醤油でカラシを溶く
ともっと美味しくなりそうな気がする。しかしその分コクが強く
なって、あっさりした味が好きな人は苦手になるのかも知れない。

 餃子を全部食べ終えてから気が付いたのだが、カラシポン酢を
試すのを忘れていた。そこにある調味料の組み合わせで出来るの
に、うっかりしていた。
 今度はいつになるかわからないけれども、また餃子を食べる機
会には試したいと思います。





ーーーーー

最近の読書

「なるほど、料理の言葉」4

編  ベターホーム協会
出版 幻冬舎文庫

p88より引用
“昭和の初期までは、「砂糖ぶるまい」といって、おかずや果物
に砂糖をふりかけて出すのが最上のもてなしだったほどです。”


 料理本を数多く出版してきた協会による、料理の専門用語を解
説した一冊。
 毎日といっていいくらい使う出汁から食に関することわざにつ
いてまで、色々な豆知識と共に記されています。

 上記の引用は、砂糖について書かれた項目での一文。かつては
大変な貴重品であったようですが、手軽に手に入れられる様な時
代であるのは、本当に有難いことだと思います。
この引用と同じように、祖父が冷そうめんに砂糖をかけていたの
を思い出しました。戦後の苦しかった時を過ごした世代なので、
その反動もあったのだろうかなと思います。
 巻末に索引がしっかりと作られているので、レシピ集と共に手
元にあると、調理時の辞書として良いのではないでしょうか。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 23:41| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする