最近の記事

2012年03月31日

20120331近況、読書録「傾いた世界」

20120331近況、読書録「傾いた世界」

 朝食に回転焼きを食べる。
今川焼きとか大判焼きとか言ったほうが通りがいいだろうか、短
い円柱状の焼いた小麦粉の中にあんこの入った、昔懐かしい一品
だった。

 減量を考えている毎日の中で、大好きな甘いものをどうやって
食べるかというのは、甘党の人にとってはなかなかに難しい問題
だと思う。そこで一日の中で、エネルギーとして使われることが
多いであろう朝食に食べることで、余分なカロリー摂取を避けよ
うと思い、やってみた。
 これは私が考えたのではなくどこかで読み聞きしたのだけれど
も、一体いつどこで仕入れた情報か全く思い出せない。だからき
ちんとした根拠はないが、お昼とか夜に食べた後でデザート等と
して食べるよりはよさそうな気がする。

 今回食べたものは中身が普通のあんこと白あんの二種類、あん
こは白あんより普通のものが好み。昔は小豆相場で稼いだ人が御
殿を立てた時代もあったそうだが、それも小豆のおいしさがあっ
てこそ、あんこのある国に生まれて良かったと心底思う。
 冷蔵庫に保存してあったので、朝から冷たいものを食べるのは
辛いので、チンしてから食べる。2日ほど経ってさらに冷えて硬く
なっていたけれど、あっという間に柔らかくアツアツ。あんこで
上顎の皮をうっかり剥がしそうになってしまった。

 今は冷凍食品のコーナーにも売られている回転焼きだけど、子
供の頃は縁日の屋台などでしか見かけたことがなかった。
お正月に初詣に出かけたりすると、今は亡き祖父が良く買ってく
れていたのを、食べるたびに思い出す。
 大好きだったのでどうしても食べ過ぎてしまうことが多く、吐
いてしまったこともあった。本当になつかしい。

 食べながら思ったのだけれど、どうも昔食べていたものよりも
小麦粉の皮が薄く焼き上げられているように感じる。あんこがた
くさん食べられて美味しくうれしいのだけれど、もう少し皮が厚
めでも美味しく食べられると思う。
 薄皮のあんぱんなどもよく売れているみたいだけれど、ある程
度味の薄い部分がないと、しっかりと噛まなくても甘みが口に広
がってしまう。それでなくても柔らかくて噛まない食べ物な
のに、余計に噛むことをしなくなるように思うのは、私だけでし
ょうか?

 こんなふうにとにかく皮は薄くなるあんこ系の食べ物ですが、
それもこれもあんこが美味しいせいですね。
減量の敵です、とほほ。





ーーーーー

最近の読書

「傾いた世界」3

著者 筒井康隆
出版 新潮社

p53より引用
“「痛覚計かい。あれ、変な考えじゃないよ。実現が難しいって
所長に言われただけだよ」”

 SF作家である著者による、不思議で愉快な世界を描いた一冊。
著者自選による7話収録。
 関節をポキポキ鳴らして話す話から宇宙人との共同生活の話ま
で、表題作を含むにぎやかな話が目白押しです。

 上記の引用は、とあるサラリーマンが考えたアイデア。少し前
に痛みの単位はハナゲと言うジョークが流行りましたが、痛覚計
が実際に発明されたら、ぜひ本当にハナゲを単位にしてほしいも
のです。
 この一文が書かれている作品は、表題作「傾いた世界」ですが、
読んで思い出したのが、ゲーム「絶体絶命都市」。小説で読んで
もゲームにしても面白い設定だなと思いました。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:48| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする