最近の記事

2012年03月22日

20120322近況、読書録「こちら葛飾区亀有公園前派出所14」

20120322近況、読書録「こちら葛飾区亀有公園前派出所14」

 昼食にカレーを食べる、
ただしほんの少しだけ。
夕食にハヤシライスを食べる、
こちらもほんのちょっぴりと。
なぜならいまだに風邪が治っていないからです。

 昨夜は特にひどかった、
フリースのパジャマの上にフリースの上着を重ねてきて、
電気カーペット入れて寝ているにもかかわらず、
がたがたと震えが止まらなかった。
おまけにずっとひどい頭痛に襲われ続けて、
結局寝たという実感が全くない夜だった。

 多分風邪薬を飲むタイミングが悪かったんだと思う、
夕食を早い時間に済ませてそのまま、
食後に風邪薬を飲んでしまったため夜中に効果が切れたのだろう。
とにかく思い出したくないくらいの苦しい夜で、
こうして書いていてもげんなりしてくる。

 こういう体調の悪い時にはあっさりしたものしか食べにくい、
にもかかわらず何故かカレーとハヤシライスが重なってしまった。
本当は大皿におかわりして食べたいところだけれど、
とてもそんな状態では無いので、
小皿にちょこんとご飯をよそってソースを掛けていただいた。
 元気だったら凄く美味しいんだろうなぁと思いながら、
いまいち味がしっかりわからない口でなんとか食べ終わる。

 以前川島四郎氏の著作を読んだ中に、
熱に浮かされて食欲のないときには、
おかゆよりも冷たい豆腐が美味しいし栄養価もいい、
というのを思い出したので、
ここ2日のうちほとんどの食事で冷奴をメインにその他を食べた。
 なるほど冷たくて口の中が気持ちいい、
醤油の香りも心地よくめんつゆで食べても美味しい。
これだけ苦しい中美味しく食べることが出来るのだから、
風邪引いたときは今度から冷奴に決めておこうと思う。

 昨日の失敗を繰り返さないように、
冷奴でお腹を満たしてから、
今日は就寝前にくすりを飲んで寝たいと思います。





ーーーーー

最近の読書

「こちら葛飾区亀有公園前派出所14」3

著者 秋本治
出版 集英社

p201より引用
“この家はバアさんひとりっきりだろ やばいぞ
区役所に相談してボランティアにでも手伝いにきてもらえよ”

 ハチャメチャな警官・両津勘吉が巻き起こす、
ドタバタした日常を描いた一冊。
著者自選による傑作集文庫。
 ご存知日暮巡査の話からアニメスタジオの苦労話まで、
毎度おなじみ賑やかで楽しそうな、
登場人物達の活躍が盛り沢山です。

 上記の引用は、
駄菓子屋の助っ人として両さんが行く話の一言。
1984年の雑誌掲載されている作品ですが、
都市での孤独死はずっと昔からあったのでしょうか。
30年近く経って状況が改善されているかといえば、
比較的若い人も孤独死するようになってしまい、
なんだか悪化しているような気がしないでもありません。
 p295からのアニメ会社の話を読んでいると、
某有名古本店でセル画が売られていたのを思い出します。
熱心であることはとても大切なことだと思いますが、
製作者の迷惑にならないようにした方が、
より良い作品を見ることが出来るんじゃないかなと思いました。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:12| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする