最近の記事

2012年03月21日

20120321近況、読書録「こちら葛飾区亀有公園前派出所13」

20120321近況、読書録「こちら葛飾区亀有公園前派出所13」

 朝食におにぎりを食べる。
中身の入っていない塩にぎりで、
あっさりとしていて体にやさしい一品だった。

 彼岸のお墓参りでしっかりとした食事続きだったので、
こういうあっさりとした食べ物がとても美味しく感じる。
普段からあっさりしたものばかりだったら、
きっと文句を言うのだろうから勝手な話だとだ思う。

 彼岸のお墓参りが終わってから風邪を引いてしまっていた、
去年の日記を見ていると同じように風邪を引いていた。
この時期に風邪を引く様に習慣がついてしまっているのだろうか、
とにかく苦しい風邪だった。
 そんなことで食欲もあまりなく、
普段と比べると半分以下の食事量になっていたので、
この塩にぎりのあっさりさ加減は大変ありがたかった。
 喉が痛いので一度に沢山は口に入れられないので、
少しずつしっかりと噛んでから流しこむ。
お酒ではないけれど五臓六腑にしみわたるような感じだ。

 いつもならばここで一緒に漬物を齧るのだけれど、
そこまで食べるのはまだしんどかった。
かわりに昨日の栄養の偏りを直すために、
煮干を少し食べておいた。
 昨日はほとんどお茶漬けで過ごしてしまったので、
骨と筋肉のためにも煮干がよさそうな気がする。
しかし風邪で痛くて乾いた口の中に、
乾物を放り込んで食べるのは正直きつかった。
仕方が無いのでお茶を飲み飲みなんとか食べることが出来た。

 こうして風邪を引いてみると、
普段元気でいられることの有り難さがよくわかる。
重々気をつけて普段過ごしているのだけれど、
それでも引くときは引いてしまう。
年齢のせいかもしれないけれど、
出来るだけ風邪を引かないように気をつけて行きたいと思います。





ーーーーー

最近の読書

「こちら葛飾区亀有公園前派出所13」3

著者 秋本治
出版 集英社

p131より引用
“しかし食費は1/30くらいですむ計算になる
経済的なサイズともいえん事もないな”

 ハチャメチャな警官・両津勘吉が巻き起こす、
ドタバタした日常を描いた一冊。
著者自選による傑作集文庫。
 小判を掘り出す話からお寺での修行の話まで、
毎度おなじみ賑やかで楽しそうな、
登場人物達の活躍が盛り沢山です。

 上記の引用は、
両さんが小人にされてしまう話での一言。
どこで読んだか忘れましたが、
人口増加による食糧不足対策として、
人類の小型化がされるという話があったような気がします。
実現したら面白そうですが、
人類全員が小型化したとすると、
今と同じ量の食料を生産することもできなくなると思うので、
上手くは行きにくそうな気がします。
昆虫と同じ物を食べて生きていけるのならば、
人類の小型化もよさそうに思いますが、
そうなると昆虫と食い扶持を争うことになるので、
結局どこかにしわ寄せをすることになりそうです。
 p317からはおなじみの借金取りから逃げまわる話です、
毎回借金して物を買う両さんですが、
もうそろそろお店の方も物を売るのをやめればと思います。
まぁそうなるとネタが減ってしまってつまらないですが。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 11:06| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする