最近の記事

2012年03月15日

20120315近況、読書録「武士道」

20120315近況、読書録「武士道」

 夕食におからの煮物を食べる。
牛乳のコクと香りが効いていて、
どことなく洋風の感じがする一品だった。

 今回入っていた具材は、
おから
人参
ねぎ
こんにゃく
これらが牛乳で煮られていた。
水を使わず牛乳を使うことによって実に味わい深く、
優しいコクのある仕上がりになっている。

 優しいからといっておかずになりにくいわけではなく、
ご飯にもしっかりと合っていて美味しくいただける。
 牛乳が使われていて優しくてご飯に合う、
何かに似ているなと思いながら食べていて思い出したのが、
クリームシチュー。
色も白くてそっくりだとまで言うと言い過ぎかもしれないが、
味付けに和風だしの代わりにコンソメを使えば、
よりそっくりになるのではないかと思う。

 そう考えるとおからの使い道も広がりそうな気がする、
ホワイトソースのグラタンに入れたり、
クリームパスタのソースに入れたりと楽しめそうだ。
おから自体はタンパクで外のものの味を邪魔しないから、
どうとでもなりそうな気がする。
 ただ難点が有るとするならばその食感だと思う、
クリームソースの滑らかさに対して、
おからのそれはあまりにもザラザラしている。
しっかりと水分が含まれていれば、
それなりにしっとりと滑らかではあるけれども、
クリームソース単体に比べるときっと厳しいのではないだろうか。

 もともと豆乳を絞る前の段階で細かく砕かれているので、
おからを更に丁寧に砕いて滑らかにするのは難しそうだ。
業務用の粉砕機以上に細かく出来るミキサーなんて、
そんなに簡単に手に入りそうな気がしない。
 以前雑誌で見た業務用のものはン十万円としていた気がする。
まぁ購入すれば色々と使い道に応用はありそうだけれど、
一事業立ち上げるくらいの規模になってしまいそうだ。
おからの食感を改善するためだけに手に入れるには、
あまりにも大層だと思う。

 食感の問題さえ我慢できれば、
クリームソースにおからを混ぜることで栄養価が上がり、
カサ増しになってカロリーの低減にも使えそうな気がするので、
面白い食べ物だと思う。
 おから自体が嫌いでなければの話だけれども。





ーーーーー

最近の読書

「武士道」5

著者 新渡戸稲造
訳、解説 奈良本辰也
出版 三笠書房

p115より引用
“そして克己の理想とは、日本人の表現方法によれば、
心の安らかさを保つことである。”

 大学教授等を歴任して青年の教育に熱心だった著者による、
武士道について整理して記した一冊。
 武士道の大まかな解説から具体的な実例まで、
日本人の根幹をなす考えについてまとめられています。

 上記の引用は、
第十一章の中の一文。
どれほどの困難であったとしても、
落ち着いて少しずつ解決していくことが出来るように、
私もいつかなりたいものです。
 注釈が大変多く書かれており、
一つ一つ調べながら読むとなかなか前に進むことが出来ません。
何度も繰り返し読む必要があると思う一冊です。

ーーーーー










ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:26| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする