最近の記事

2012年02月13日

20120213近況、読書録「寝台急行「銀河」殺人事件」

20120213近況、読書録「寝台急行「銀河」殺人事件」

 夕食にすき焼きを食べる。
今日はとある記念日なので、
いつもなら鶏肉か豚肉で食べるすき焼きだけれど、
少々奮発して牛肉の良いお肉を買って食べた。

 牛肉はあまり体に合わないのだけれど、
年に一度の特別な日くらいは健康の事も忘れて、
とにかく美味しい物を食べようということになった。
別に鶏肉や豚肉が美味しくないのではなく、
いつもと違う美味しさを楽しみたいと思ったからなので。
 そんな訳なので、
今回用意された牛肉は普段お目にかかれないようなものだった。
レースの布地のようにきめ細かい脂肪が美しく、
肉の赤色との対比が素晴らしいお肉。
自分の家で食べるには贅沢だと思うが、
まぁ今日だけは何も考えずに楽しむことにしよう。

 お肉以外の具材は、
水菜
白菜
ネギ
えのきたけ
糸こんにゃく
焼き豆腐がなかったので木綿豆腐
最後の締めにはうどんを入れた。
 せっかくのお肉を美味しく食べるために、
いつもなら全部まとめて入れて煮るところを、
具材の投入にも気を配った。
気を配ったといっても糸こんにゃくをお肉と同時に入れないだけ、
石灰分がお肉を硬くするとどこかで聞いたことがあるからだ。

 まずはお肉を焼いて香ばしさを引き出しつつ、
味を整えながら野菜を投入し、
第一陣のお肉が硬くなる前に食べる。
水気が出すぎてお肉を煮込んでしまうといけないらしいから、
とにかく香ばしいうちにささっとお肉を食べてしまうようにした。
 第二陣は野菜のエキスと共にお肉を煮て食べる、
野菜とお肉がお互いに旨みを移しあってどんどん美味しくなる。

 こうしてお肉を全て食べ終えた後に、
その美味しいエキスを吸い取らせるための具材として、
糸こんにゃくと豆腐を投入する。
残っている野菜をつつきながら煮込んで、
野菜が少なくなった所に最後の締めのうどんも投入。
 ざるいっぱいに入っていた野菜をほとんど食べたので、
最後に豆腐と糸こんにゃくが残ってしまった。

 残った豆腐などは鍋に移して、
次の日に卵をはって丼にして食べる予定。
おつゆの一滴まで美味しくいただこうと思います。





ーーーーー

最近の読書

「寝台急行「銀河」殺人事件」3

著者 西村京太郎
出版 文藝春秋

p11より引用
“(ぽっくりと、死んでくれればいいが)”

 トラベルミステリの大家である著者による、
寝台列車を舞台とした長編ミステリー。
 同じ列車に乗り合わせた乗客が次々に殺される事件が発生、
ご存知十津川警部と亀井刑事が事件に挑む。

 上記の引用は、
とある登場人物の浮気相手に対する心の声。
この人物、
自分から口説いておいてこのセリフ、
しかも不倫というのですからまぁ非道いものです。
非道い事を考えたなりの報いを作中で受けることになりますが、
気の毒と思うか自業自得と思うかは読んだ方に任せます。
 作中に出てきた国鉄の二文字を見て、
奥付を確認すると初出は昭和60年となっていました。
私は懐かしいと思いましたが、
20代前半以下の年齢の方たちは、
国鉄を知らない人がほとんどなのかも知れないなと思うと、
自分の年令を感じざるを得ません。

ーーーーー








近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:23| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする