最近の記事

2012年01月31日

20120131近況、読書録「ああ言えばこう食う」

20120131近況、読書録「ああ言えばこう食う」

 夕食にオムライスを食べる。
三日目のハヤシライスをソースとして使った、
無駄のない一品だった。

 三日目ともなるともうとろとろ、
最初に日から煮込みまくってほとんど玉ねぎが溶けていたのに、
さらに煮込みをかけていたので、
完全に具がなくなっていいソースになっていた。
お肉は先にかすっていて無くなっていたので、
入っていたとしてもひき肉の欠片くらいしか残っていない。
 具の旨みをぐっと搾り出して濃縮したようで、
香りを嗅ぐだけでたまらない。

 ハヤシライスをオムライスのソースにするようになって、
外で食事をする時にほとんどオムライスを食べなくなった。
デミグラスソースの様な味は外で食べたほうが美味しいと、
ずっと思っていたからなんだけれども、
煮込んだハヤシライスがとてもいい味になるとわかって、
全く外で食べる必要がなくなってしまった。
 私の食べに行っていた店のデミグラスソースが、
実はそれほどでもなかっただけかも知れないけれど…。

 もう一つ外で食べなくなったのは明太子のスパゲティ、
大好きなメニューの一つなんだけれども、
大好きなだけに外で食べるといつも量が少なくて不満だった。
 しかし家でソースの作り方を覚えると、
明太子の量もパスタの量も自由自在。
嬉しくなって30cmの中華鍋に満タンのパスタを作って、
二回に分けて食べたこともあった。
ただ難点があるとしたら、
ついつい刻み海苔を買い忘れてしまうところだろうか。

 今度いつハヤシライスを食べることになるかわからないけど、
次の回も煮込みに煮込んで食べる、
オムライスを楽しみにしています。





ーーーーー

最近の読書

「ああ言えばこう食う」2

著者 阿川佐和子、檀ふみ
出版 集英社

p20より引用
“人を哺乳類に似ていると言うのはかまわない。
しかし、爬虫類や両生類、魚類、
なかんずく「オコゼ」に似ていると言ってはいけない。”

 エッセイストと女優である二人による、
往復エッセイ集。
 一心不乱にお米を研ぐ話から潔癖症の人の話まで、
タイトル通り食べ物の話題について多く書かれています。

 上記の引用は、
檀氏のお見合いのエピソードの中の一文。
何かに似ていると心の中で思うのは、
いくらでもやっていいと思いますが口に出してはねぇ…。
ましてやお見合いの席で言ってしまうとは、
きっと大変素直な方なのだろうなと思います。
 本書の中で今は他の食べ物から栄養が取れるので、
お米はよく研いだほうが美味しいと書かれています。
最近はクリーン精米などもあって、
お米を美味しく食べる環境がより良くなっていて、
嬉しい限りです。
特に残留農薬などは糠の部分に多く含まれるらしいですから、
気にする方にはありがたい話ではないでしょうか。
まぁあまり食べ過ぎなければ、
米ぬかはいい栄養がはいっているようなので、
程度の問題だと思います。
 著者の一人は料理が上手だそうなので、
レシピも紹介されていたらより嬉しい一冊だったと思いました。

ーーーーー








近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:39| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする