最近の記事

2012年01月15日

20120115近況、読書録「医療大崩壊」

20120115近況、読書録「医療大崩壊」

 おやつにおみやげのチョコレートを食べる。
身内が温泉旅行に行ってきた時のお土産で、
黒豆トリュフチョコだった。

 行き先の温泉はかの有名な城崎温泉、
丹波地方との関係できっと黒豆製品が多いのだろう。
ほんのりと黒豆の香りがして、
普通のチョコレートとホワイトチョコとの二種類があった。
 もっとしっかり黒豆の匂いとしてもいいと思うし、
外側に黒豆のきな粉をまぶしてあっても私は美味しいのではと。
けれど多分あまりに黒豆を押し出しすぎると、
一般受しにくくなってしまうのかも知れない。

 そう言えば今年の正月はなんだか忙しく、
おせちをしっかりと食べたような気がしない。
親族で集まる機会が多かったため、
おせち料理よりもお鍋を沢山食べたような気がする。
 黒豆はおせちの中でもとても好きな一品で、
黒豆と数の子を交互に食べて、
甘いものと塩辛いもののバランスを取りながら食べ続ける位。
そんな黒豆を今年はなんだか食べたような気がしない、
気がしないだけできっとちゃんと食べているのだろうけれど、
なんだかすっきりしない。

 別に正月でなくても、
黒豆を買ってきて煮て食べればいいんだろうけれども、
やっぱり食べる時期と雰囲気が違うと味も変わる。
今年はとにかく忙しい正月だったから。
 来年は新しい年を迎えた気分で、
しっかりと記憶に残るように黒豆を食べたいと思います。





ーーーーー

最近の読書

「医療大崩壊」4

著者 藤田紘一郎
出版 講談社

p49より引用
“治療を受けても、その代金を払わない日本人や、
医者がちょっとしたミスをしてもすぐ訴訟を起こすような
日本人が増えてくると、日本の医療制度は、
米国のようなものに変更せざるを得なくなると思うのです。”

 寄生虫学者である著者による、
日本の医療の問題点とその解決について考えさせる一冊。
 医療の現状から医師との良い関係についてまで、
同著者の他の著作とは違った硬い文章で書かれています。

 上記の引用は、
日本の医療のありがたさについての項の一文。
最近ではさらに米国の様になりそうな勢いですが、
今の医療を支えるためにも、
せめて受けた治療に代金を払うように気を付けたいものです。
 全体的に真面目な文章で書かれていますが、
所々いつもの著作のノリが出てきてその時はホッとします。
同著者のいつもの楽しい文章を期待して購入すると、
少し堅苦しいかも知れません。

ーーーーー








近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:50| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする