最近の記事

2011年12月20日

20111220近況、読書録「もっと「きれいな字!」が書ける本」

20111220近況、読書録「もっと「きれいな字!」が書ける本」

先日の夕食にふぐを食べる。
役員にあたっている会の収支決算兼忘年会で、
毎年同じ場所で同じ料理を食べることになっている。

料理の内容は鍋を中心としたふぐのコースで、
川の湯引きに始まって雑炊で締めるという、
多分ふぐを食べるときにはスタンダードであろう内容だった。
奇をてらった内容でないだけに、
ふぐという魚の美味しさを存分に楽しむことができる。
通の人は危ない橋を渡るような場所を食べるらしいが、
私にはそんな度胸はないし、
同席したほかの役員の方たちもそんな無理はしない。
穏やかにふぐに舌鼓を打って楽しくいただいた。

ふぐを食べるなんてお大尽だなと思われるかも知れないが、
普段からお酒類を飲んでいる方たちに比べたら、
使っている身銭の量は断然低いと思う。
成人してもういい加減な年月が経っているけれど、
片手の指が余るくらいしか食べたことが無いのだから、
そんなに沢山食べたことがあるとは言えないと思う。
沢山食べたことが無いが故に、
ふぐを食べられることが大変嬉しく思うし美味しくいただける。
とも思う。

もうふぐなんて食べたくないと思うくらい食べてみたい、
という気持ちも無きにしもあらずだけれど、
そう思いながら決して食べ過ぎないように気をつけることで、
またいつか美味しく食べられるようにしたいものです。
まぁ金銭的に決してそんな食べ方は出来ないんだけれど。
またいつか食べたいものです。





ーーーーー

最近の読書

「もっと「きれいな字!」が書ける本」3

著者 山下静雨
出版 三笠書房

p34より引用
“極端な「右上がり字」は、
融通のきかない強情張りの印象を与えます。”

ペン習字研修センター主宰である著者による、
字がうまくなるコツをまとめた一冊。
上手く書くコツから実用文の書き方まで、
多くの見本と共に書かれています。

上記の引用は、
下手な字の共通点の一つを紹介した一文。
右に上がっている字を見ても、
私は右に上がっているなとしか思わないのですが、
私の感覚のほうがおかしいのでしょうか。
文字に関するプロが言っているのだからそうかも知れませんが、
この様なことで疑問をもって立ち止まってしまっては、
いつまでたっても字は上手にならないんだろうなと思います。
実用文の書き方は良くお世話になるでしょうから、
手元に置いておく見本としてちょうど良いのではないでしょうか。
文庫本なのでかさばらないですし。

ーーーーー






近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:31| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする