最近の記事

2011年10月25日

20111025近況、読書録「「超」整理日誌」

20111025近況、読書録「「超」整理日誌」

夕食に秋刀魚の塩焼きを食べる。
今年は地震の影響があるので、
いつもの年のように、
秋刀魚等が手に入らなくなるかとおもっていたので、
食べる事が出来てとてもうれしい。

今日は付いていなかったけれど、
すだちがあるとさらにうれしい。
たっぷりと脂の乗った焼きたての秋刀魚に、
すだちを絞ると途端にさっぱりとした味わいに。
半身はそのまましっかりとした脂のこくを、
残る半身はすだちでさっぱりと。
お酒が飲める人はここできゅっと飲むんだろうけれど、
私は普段はまったく飲まないので、
全てご飯と共にいただく。
炊き立ての新米のご飯とさんまの塩焼き、
もう最高の贅沢だと思う。

来年はどうか気象災害が少なくなるように、
願うばかりです。





ーーーーー

ネタバレがありますご注意下さい。

スパロボで遊ぶ。
25話。
早乙女研究所襲われるの巻。

リュウドルク再びゲスト参戦、
と共にライガーの敵の親玉が要塞ごと出張ってくる。
親玉とリュウドルクのやり取りが、
まるで親子喧嘩の様、
少し親玉が気の毒に思えてくる。
結局親玉は撤退、
敵ボスもHPをある程度減らすと退散してしまった。
結局散々敵対してきたリュウドルクは正式に味方ユニットに、
味方の心の広さに驚かざるを得ない。

その後新たな敵出現、
ゲッターロボの敵・安倍清明。
ゲッター線のせいで世界が滅ぶとかなんとか、
ごちゃごちゃ言って襲い掛かってくる。
有名な陰陽師もいろんな所でいろんな相手と戦わなければならず、
忙しくて大変だなぁ。
雑魚を処理して清明をポカスカ叩いていると、
いくらでも復活するということが判明。
そしてゲッターのお話が盛り上がる、
早乙女博士が登場しゲッターのパイロット達が大変な事になる。
その中でも竜馬が一番大変な事になっていたが、
なっている本人は実に楽しそうに見えた。
周りが迷惑する所が、
ヨッパライに似ていて笑える。
しかしすぐに正気に戻ってしまって拍子抜け。
パワーアップした様子のゲッターにやられて、
清明退散。
陰陽師が退散させられていては世話ない。

その後またひと悶着あり、
主人公の弟が久しぶりに登場する。
オリジナルストーリーも盛り上がってまいりました、
といった所だろうか、
最終的に弟を助ける事が最終話の目的になる予感。
ストーリーの盛り上がりに合わせて、
主人公のマシンもパワーアップ。
攻撃アニメーションを見てダイゼンガーを思い出した、
斬艦刀はかっこよかった・・。
しかし武器の様子は斬艦刀と言うよりも、
ゼノブレイドのモナドのようで、
いまいち鋼鉄の匂いが感じられなくて残念でした。

ステージをクリアすると空間転移、
そして次回に。





ーーーーー

最近の読書

「「超」整理日誌」4

著者 野口悠紀雄
出版 新潮社

p178より引用
“どんなに便利なことでも、どんなに楽なことでも、
他人の迷惑になることはしないというのが社会的ルールだ。”

経済学者である著者による、
雑誌連載をまとめたエッセイ集。
あふれる情報への対処から経済学者自身についてまで、
読みやすい文章にユーモアを交えて書かれています。

上記の引用は、
携帯電話について書かれた項の中の一文。
公共の場では、
マナーモードにする等の一応のマナーが出来ていますが、
最近はまた、
スマートフォンが出てきて問題になっているようです。
街中の歩道で前を見ないで歩けば、
人とぶつかってトラブルになるのは当然だと思います。
せっかくの便利な道具を結局落として壊す事になって、
他人に迷惑な上自分も損失を出す事になって、
何一ついいことは無いのではないでしょうか。
本書後半には、
風の谷のナウシカについての持論が掲載されており、
ナウシカファンならば意見の一つとして面白いと思います。

ーーーーー








近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック