最近の記事

2011年10月18日

20111018近況、読書録「まちがい栄養学」

20111018近況、読書録「まちがい栄養学」

昼食におからの煮物を食べる。
おからにこんにゃくやにんじんを入れた、
極めて和風で馴染み深いゴハンのおかずだった。
だったが、
今日は一味違う食べ方をするように工夫されていた。

いつもどおりのおからの煮物に、
マヨネーズとセロリのみじん切りが加えられていて、
サラダ風の味付けになっていた。
マヨネーズというソースの威力は恐ろしい、
純和風のおからがころりと雰囲気が変わってしまっていた。
マヨネーズだけのせいではなく、
セロリの香りが加わる事で煮物らしさがすっかり抜けて、
最初からここを目指して作られたような一品になっていた。

少し気になる所があるとすれば、
おからの煮物だけならばそれほどカロリーが高くないだろうが、
マヨネーズが加わる事で高くなる事だろうか。
まぁでも少々高くなっても、
土台がヘルシーなのであまり気にする事はないと思う。
セロリが苦手でなければ美味しい一品だとおもいます。





ーー
ネタバレがあるので注意して下さい。

スーパーロボット対戦NEOで遊ぶ。
現在21話までクリア、
いったん異世界に飛ばされ、
主人公の弟が大変な事になりつつ下の世界に戻ってきた。

21話にて、
ライガーの主人公と友人に極めて悲しいイベント発生。
原作をきちんと見たことがないのでわからないけれど、
多分原作でも重要なエピソードだったのだろうと思われる。
若い頃なら泣いていただろうか?
それとももう少し年をとった方が泣きやすいのだろうか?
とにかくプレイヤーを泣かせる気満々。
しかし、
小学生の主人公にトラウマを背負わせるような話は、
好みが分かれるところでは。

この話をクリアすると、
またライガー関連のイベントがあった。
主人公のライバルが実は・・・という展開、
ありがちではあるけれど話を盛り上げる王道だと思う。

22話に続きます。





ーーーーー

最近の読書

「まちがい栄養学」5

著者 川島四郎
出版 新潮社

p177より引用
“平素から長い日時をかけて、栄養上正常な食物、
食生活を営むことが、真のスタミナづくりの本道なのである。”

食糧学者である著者による、
世の中にあふれる食べ物に関する知識に対して、
持論をもって間違いを指摘する一冊。
お米に関する話題から兵隊を使った栄養試験についてまで、
著者自身の経験から導かれた知恵が惜しみなく紹介されています。

上記の引用は、
スタミナづくりに関する項の中の一文。
常日頃からの積み重ねが大切であるということは、
何事にもあてはまるようです。
p116に体臭に関する話題は、
実に興味深い話だと思います。
最近は口臭等を、
バラの香りに変えるサプリメント等があるようですが、
普段からの食生活を見直す方が、
簡単で健康的で経済的なのではないでしょうか。
初出は昭和48年となっていますが、
平成に入ってからも増刷されているので、
知識の信頼度はかなり高いのではないでしょうか。

ーーーーー








近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック