最近の記事

2011年10月13日

20111013近況、読書録「マンガ孫子・韓非子の思想」

20111013近況、読書録「マンガ孫子・韓非子の思想」

昼食にコロッケを食べる。
多分スーパーで買ってきたコロッケで、
少し小ぶりな小判型。
一つではおかずとしてさびしかったので、
今日は贅沢に二個いただいた。

中身はジャガイモとミンチ肉の極めて普通のもの、
ホクホクした感じではなくしっとりした仕上がりだった。
味付けは甘めで、
子どもさんのおやつとして食べるのには、
ちょうどいい甘さかもしれないが、
けれどおかずにするには少し甘みが強く思えた。
最近食べる市販のコロッケは、
たいてい甘みの強い味付けに仕上がっているように思う。
甘党の私だけれど、
ゴハンのおかずに食べるコロッケはあまり甘くない方が嬉しい。
あっさり塩味の中身のままで、
その時の気分でソースを変えて愉しむのが好き。

結局自分が美味しいと思う物は、
自分で作れるようにならなければ食べる事は出来ないみたい。
ジャガイモをゆでてつぶして、
ミンチとたまねぎを炒めて混ぜて、
形を整えて、
衣を着けて揚げる。
コロッケはまめな人しか作れなさそうな気がします。





ーーーーー

最近の読書

「マンガ孫子・韓非子の思想」4

作画 蔡志忠
訳  和田武司
監修 野末陳平
出版 講談社α文庫

p171より引用
“老子は言っている。
「人の欲するものを欲しくなくなるならば、
得がたい財貨も貴重でなくなる」。”

中国古典の思想書をマンガにした一冊。
有名な風林火山や矛盾から情報収集の重要性まで、
現在でもよく使われる教訓等が書かれています。

上記の引用は、
韓非子の中で紹介されている一文。
隣の芝生ばかり見てうらやましがっているようでは、
自分にあまり良い影響を与えない事になるのではないでしょうか。
しかし今の世の中は、
他人との差をなんとか埋めるように、
皆が行動する事で動いていると誰かの著作で読んだ気がします。
世の中がそうであると、
なかなか引用の境地に至るのも難しそうです。
孫子の兵法は現在ではビジネスの場で活用されているそうですが、
ビジネスは経済的戦争であるということの表れなのでしょうか?
マンガの絵柄が非常に独特なので、
好みが分かれるところだと思いますが、
古典の内容を簡単に見られるので、
好みを抑えて読んでみるのもいいのではないでしょうか。
もう出ているかもしれませんが、
絵柄になじめない人も待っていればそのうち、
萌え絵の思想書も出版されるようになるのではないかと思います。

ーーーーー








近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック