最近の記事

2011年09月19日

20110919読書録「親は子に何を教えるべきか」


「親は子に何を教えるべきか」3

著者 外山滋比古
出版 PHP文庫

p92より引用
“せっかく出るのにやろうとしないのは動物以下だと
言わなくてはならない。自然にさからった恥ずべきことだ。”

英文学者である著者による、
子どもを育てるコツをまとめた一冊。
教育の問題点から幼児の言語とテレビの関係まで、
言葉の大切さを中心に書かれています。

上記の引用は、
母乳での子育てに関する一文。
親の免疫力を分け与えたり、
親との触れ合いの時間が増えるなど、
母乳での育児には大変メリットが多いようです。
しかし、
出産後のスタイルの復元のために、
早い段階で断乳するという方もいるらしいですが、
いかがなものかと思います。
もちろん母乳が出ない方や、
理由があって子どもに与えられないのなら、
母乳育児を断念せざるを得ないのでしょうけれど。
母親のスタイルがよくて美しい方が子どもにとっても幸せである、
なんていう意見もあるのでしょうけれども、
どうもいまいち信用できない感じです。
何を一番に考えるかはその人の自由かもしれませんが、
子どもへの接し方は、
自分の将来に跳ね返ってくると思います。
難しい話です。

ーーーーー








近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック