最近の記事

2011年09月09日

20110909読書録「ショージ君の青春記」


「ショージ君の青春記」3

著者 東海林さだお
出版 文藝春秋

p91より引用
“大学に入学したてのころは、
どうも女学生対策にばかり心をくだいていたようである。”

漫画家でありエッセイストである著者による、
著者の青春時代の思い出を綴った一冊。
子どもの頃の疎開から大学漫研時代の仲間達についてまで、
いつもながらの楽しい文体で書かれています。

上記の引用は、
大学に入学した時のエピソードが書かれた章の中の一文。
今も昔も男子大学生の頭の中は、
それほど変わりが無いのではないでしょうか。
けれどこの年代の男性がこうでなければ、
生物種としてのこの先の寿命に期待は持てないので、
これでいいのだと思います。
漫研のエピソードの中に出てくる仲間の名前が、
一度は聞いたことのある名前ばかりで、
漫画家の当たり年だったんだろうなぁと思いました。

ーーーーー








近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック