最近の記事

2011年09月02日

20110902読書録「人はどこまで残酷になれるのか」


「人はどこまで残酷になれるのか」3

著者 桐生操
出版 中公新書ラクレ

p114より引用
“だが、この拷問や処刑、
完全に過去の遺物となったわけではない。
今も地球のどこかで行われているのだ。”

西洋史に詳しい作家である著者による、
殺人鬼や暴君の行いを記した一冊。
拷問や処刑の方法から殺人鬼達個別のエピソードまで、
一つ一つ淡々と書き連ねられています。

上記の引用は、
第3章の始めの方の一文。
紛争地帯などに足を踏み入れると、
捕まってしまって拷問を受けたりするのでしょう。
日本人が首を切られた事件を思い出してしまいました。
怖い物見たさを満たしたい方には、
ぴったりな一冊だと思います。

ーーーーー








近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック