最近の記事

2011年08月10日

20110810読書録「「自分の考え」整理法」


「「自分の考え」整理法」3

著者 鷲田小彌太
出版 PHP文庫

p202より引用
“類似品=先例はある、
もしない場合でも、純然たる新奇さなどない、先例を応用できる、
と考えます。これは、実践思考の模範ですね。”

哲学者である著者による、
物の考え方に関するコツをまとめた一冊。
思考の方法から難問の突破法まで、
著者の経験をもとに作り出された思考法が紹介されています。

上記の引用は、
第三部の難問突破法の中で紹介されている、
アガサ・クリスティの小説の主人公、
マープルとポアロの推理法に関する一文。
現在や将来に、
自分が直面するであろう問題に対して、
少しでも有利に事が運ぶように、
歴史を学ぶ事が重要なようです。
学生時代の歴史といえば、
年表を覚えるか昼寝してるかだったので、
その時のツケが今の私なのだろうなと思うと、
これからまだまだやる事が多そうです。
やれる事から一番やさしいところから始めると、
本書でも書かれているので、
まずは歴史マンガからになりそうです。

ーーーーー








近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック