最近の記事

2011年08月01日

20110801読書録「ようこそ地球さん」


「ようこそ地球さん」5

著者 星新一
出版 新潮文庫

p302より引用
“地球のひとびとは限度のない宇宙進出をつづけるより、
地球を天国として完成した方が利口なことに、気がついた。”

SF作家でありショートショートの代名詞ともいえる著者による、
42話を収録した短編集。
著者の商業誌初掲載作品等、
とんちと皮肉の効いた作品が目白押しです。

上記の引用は、
とある惑星の資源をとり尽くした後の一文。
今の環境が悪いからといってあちこちうろつくよりも、
自分の周りを充実させるのがなによりなんでしょうか。
自分の本当にやりたい事が見つからない時は、
ほどほどの所で妥協することも、
悪い選択肢ではないのかもしれません。
p254から始まる一話「最高の作戦」の締めの一文を読むと、
苦笑いを抑える事が出来ません。
あとがきに、
この本の作品は全て昭和36年6月以前の物ばかりと書かれています。
長い時間を経ても古くならない、
こういうのが古典なんだなと思います。

ーーーーー








近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック