最近の記事

2011年07月21日

20110721読書録「不味い!」


「不味い!」4

著者 小泉武夫
出版 新潮社

p76より引用
“あの口の中を刺すようなエグ味は、
古くなった酒と蛇の成分と酸化された蛇の脂肪によるもの
だったのである。”

発酵学者である著者による、
数多くの著者の食歴の中から厳選された不味い物を紹介する一冊。
身近なラーメンから爆発する缶詰まで、
おなじみの楽しい文体で書かれています。

上記の引用は、
不味い蛇の項の中の一文。
二十年物の蛇酒を、
水と間違えて飲んだ時の感想。
その他の著作を読んでいると、
この世に不味い物はないんじゃないかと思える著者ですが、
そうでもないようです。
他の著作でよく出てくる、
シュールストレミングが今回も出てきます。
やっぱり美味しくないと思いながら食べていたんだなと、
同じ人間なんだなと少し安心する一冊です。
普段の食事の美味しさを再確認するのに、
読んでみると面白いのではないでしょうか。

ーーーーー






近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック