最近の記事

2011年04月26日

20110426読書録「脳のシワ」


「脳のシワ」4

著者 養老孟司
出版 新潮社

p77より引用
“なぜなら、快感はそう覚えてなくてもいいが、
不快は覚えているほうが、生存に有利だからである。”

解剖学者である著者による、
脳に関する著者の意見を書き綴った一冊。
幽霊の事から始まり体の各臓器についてまで、
いつもながらの面白い視点で書かれています。

上記の引用は、
脳と感情の章の中の一文。
生存を脅かす事を避ける為と著者は言います、
しかし、
この不快の方を記憶しやすい生物としての能力のせいで、
嫌な事が忘れられず、
鬱になったりしている可能性はどうなんでしょうか?
危険な事は覚えておきたいものですが、
がんじがらめにならない程度にしたいものです。
p138の幼稚園の芋掘りの記述を読んでいると、
食べ物を手に入れる為に実際に汗を流すという考えや行動は、
そのうち本当に消えて無くなってしまうのではないかと、
実に不安になるエピソードです。

ーーーーー







近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック