最近の記事

2011年04月15日

20110415読書録「小泉武夫の料理道楽食い道楽」


「小泉武夫の料理道楽食い道楽」5

著者 小泉武夫
出版 日経ビジネス人文庫

p273より引用
“すると、こんな美味しいものは生きてなければ味わえない、
俺は死ぬなんていやだ、絶対に行き続けて毎日の食事を楽しもう、
なんて気になって、実は最後の晩餐の意味は、
毎日からの一食一食が生きる糧として大切なのだ、
ということを悟らせてくれるのであります。”

発酵学者である著者による、
食べ物に関するエッセイをまとめた一冊。
身近な立喰そばから幻の魚まで、
著者の食のボキャブラリーの多彩さに、
読んでいるだけでお腹が空きます。

上記の引用は、
最後の晩餐についての締めの一文。
自分の死について考える事によって、
生きる力が湧いてくるというのは面白い話だなと思います。
毎日おいしく食事が出来るありがたみを、
今ほど本気で感じる時期は無いのではないでしょうか。
p151の立喰そばの項を読んでいて思いましたが、
みんなで一緒に立って食事をするというのは、
一種立食パーティなのではないかなと。
電車で通勤した事が無く、
立喰そばを食べたのは何時の事かわからないような私の、
勝手な妄想ですが。

ーーーーー







近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック