最近の記事

2011年04月14日

20110414読書録「ワニの丸かじり」


「ワニの丸かじり」4

著者 東海林さだお
出版 文藝春秋

p170より引用
“高いのや安いのや、派手なのや地味なのを、
なるべく数多くにぎやかに盛りつけてドーンと出しておけば、
あとはなんにもしなくていい。”

漫画家でありエッセイストである著者による、
食べものに関するエッセイをまとめた一冊。
アイスキャンデーから9,500円のステーキまで、
幅広い食べ物について楽しい文体で語られています。

上記の引用は、
某深夜から朝まで放送される討論番組と、
舟盛りの似ている所をあげた一文。
私はその番組を最初から最後まで通してみた事がないので、
なんとも言えませんが、
この分析は人数の多いバラエティー番組にも、
当てはまるのではないでしょうか。
p199では著者が「あまりいい物を食べていない」、
と言われていると書かれていますが、
9,500円のステーキなどを食べないと、
いい物を食べた気分になれないのは、
大変損な気質のような気がします。
著者の様に何を食べても何かを発見し、
美味しくても不味でも何かを得られる方が、
毎日が楽しそうだと思います。

ーーーーー







読書録はこちらです
http://izumoissun2011.seesaa.net/


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック