最近の記事

2011年04月06日

20110406読書録「スパイのためのハンドブック」


「スパイのためのハンドブック」3

著者 ウォルフガング・ロッツ
訳  朝河伸英
出版 早川書房

p59より引用
“純粋に機械的なものではない職業ならいずれもそうであるが、
最良かつ最新の訓練でも
あなた自身の方法の基礎になるにすぎない。”

元秘密諜報部員である著者による、
スパイになる為の方法やその仕事についての一冊。
スパイになる適正検査から引退後の身の振り方に関してまで、
著者の実体験を元にしたスパイの行動等が細かく書かれています。

上記の引用は、
スパイの養成に関する小の中の一文。
基礎を大切にし、
そこから自分の経験を積み重ねる事によって、
能力を作り上げる事が肝心なようです。
この本ほど、
「事実は小説より奇なり」のことわざが似合う作品も、
ないのではないでしょうか。
読み終わってみると、
あぁスパイというのも大変なんだなぁ、
と思わず溜め息が出てしまいます。

ーーーーー





近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック