最近の記事

2011年04月04日

20110404読書録「花のような女」


「花のような女」2

著者 大田垣晴子
出版 メディアファクトリー

p52より引用
“固有の匂いを持っていることには意味がある。”

画文家である著者による、
季節の花のイメージを女性に重ねて書かれたエッセイ集。
イラストも全て著者による物で、
実体験や友人の体験などをほのぼのした調子で語られています。

上記の引用は、
ドクダミについての項の中の一文。
この様に述べておきながら、
体臭の強いのがマズイとか消臭はエチケットとか言っています。
確かにあまりにも不潔にしていて人前に出るのは、
どうかなと思います。
ですが、
清潔にしていて出る体臭を消してしまうのは、
あまりにも不自然で生物として無理があるのではないでしょうか。
とはいう物のどの程度まで許せるか、
我慢できるかは個人によるので、
著者の言うとおり難しい問題だと思います。
どの様な匂いであっても受け入れられるような、
度量の広い人間になりたい物です。
この本を読むと、
女性でいるのは大変だなぁと改めて思います。

ーーーーー





近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック