最近の記事

2011年04月02日

20110402読書録「毒にも薬にもなる話」


「毒にも薬にもなる話」3

著者 養老孟司
出版 中央公論社

p45より引用
“しかし都市が都市のみで立ちはしないことは、
それこそ鴨長明だって知っていたのである。”

解剖学者である著者による、
世界の出来事を独自の視点で分析した時評等をまとめた一冊。
いじめの問題から未来についてまで、
解剖学者らしく一つ一つ細かく分析・解説しておられます。

上記の引用は、
田舎は消えたと題する章の中の一文。
今の状況を見ていると、
身につまされる思いがします。
今までの日常がいかに周囲の人たちに支えられているか、
世界は持ちつ持たれつなんだなぁと改めて思います。
その他の同著者の作品と比べて、
文章が少し硬く感じられ読むのに疲れを感じました。
特に後半の著者が提唱する臨床諸学の章は、
論文みたいになっているので、
より好みが分かれるのではないでしょうか。

ーーーーー




近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック