最近の記事

2011年03月21日

20110321読書録「たべもの芳名録」


「たべもの芳名録」3

著者 神吉拓郎
出版 文春文庫

p14より引用
“つまり、すしは一品だが、そのなかに、
ありとあらゆる美味を具に盛り込んでしまえば、
お布令に反することもなく、
充分御馳走が堪能出来るというのが町人の知恵である。”

小説家である著者による、
食べ物に関するエッセイをまとめた一冊。
ジャガイモ等身近な物からふぐ等年に一度食べるかどうかの、
ご馳走まで、
独特の文体で訥々と描かれています。

上記の引用は、
岡山のすしに関する一文。
人はおいしい物にありつく為には非常に知恵が回るようです。
おいしい物を食べる為に頭を使い、
食べた栄養でまた頭が良く回る、
好循環の見本のようです。
昭和初期生まれの方の、
年季の入った語彙の選び方・使い方に、
驚きを隠せません。

ーーーーー






近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック