最近の記事

2011年03月20日

20110320読書録「ゴハンの丸かじり」


「ゴハンの丸かじり」4

著者 東海林さだお
出版 文藝春秋

p60より引用
“幕の内弁当なども、おかずがぎっしり盛りつけてあるが、
どこかにスキマがある。
くどいようだがおせちにはスキマがない。”

マンガ家でありエッセイストである著者による、
食べものに関するエッセイをまとめた一冊。
煮豆等純和風のものを中心に少し他国の物を入れ、
数多くの食べ物に対して著者独自の文体で書かれています。

上記の引用は、
おせち料理についての項の中の一文。
確かに、
おせちの重箱はビッシリ・ギッシリと詰まっており、
見本の写真を見ているとよだれが出そうです。
しかし、
このおせちのおいしさの重要な要素の一つを、
まったく無視しないがしろにしたおせちが、
今年のお正月を悪い意味でにぎわしたのは記憶に新しい所です。
食事を大切にしないあのような事件は、
二度と起こってほしくないなと思います。

ーーーーー







近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック