最近の記事

2011年03月05日

20110305読書録「声に出して笑える日本語」


「声に出して笑える日本語」3

著者 立川談四楼
出版 光文社

p57より引用
“要するに鑿は飲みというしゃれでね、
だから飲み助のことを左利きとか左党と言うんだよ”

落語家である著者による、
日本語に関する面白いエピソードを集めた一冊。
同業者の名言からアルバイトの何気ない一言まで、
あらゆる場所でいろんな人の言葉の間違い等が拾われています。

上記の引用は、
酒飲みが左利きと呼ばれる所以についての一文。
大工さんの道具からきていて、
右手で金槌左手でノミを持つからだそうですが、
左利きなら左手に持つのは金槌なのでは?
言葉遊びにいちいち細かい事を言っていると、
無粋だと怒られそうですが。
落語家らしく、
伝統的な日本語の使い方に関して、
なかなかに辛辣な意見も書かれています。
しかし、
全体として気楽な雰囲気で楽しい一冊です。

ーーーーー







近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック