最近の記事

2011年03月04日

20110304読書録「世界の「美女と悪女」がよくわかる本」


「世界の「美女と悪女」がよくわかる本」

著  世界博学倶楽部
監修 島崎晋
出版 PHP文庫

p4より引用
“つまり「美女」と「悪女」は常に表裏一体の存在なのだ。”

歴史などを調査・研究し発表する集団による、
世界中の歴史に残る美女と悪女を紹介する一冊。
古くは紀元前から新しくは20世紀の人まで数多くの美女達が、
それぞれ美しいイラストと共に書かれています。

上記の引用は、
はじめにの中の一文。
どんなに美しい人であっても、
どこかしら悪い部分はあるものでしょうか。
私は自分にたいしてひどい態度を取られたら、
誰であっても悪女だと思ってしまいそうです。
幸いそのような歴史に名を残すような美女から、
酷い仕打ちを受けた事も無く今後受ける事も無いでしょうから。
安心でありつまらなくもあり・・・。
参考文献が非常に多く載せられているので、
資料を探す手がかりとしていいのではないでしょうか。

ーーーーー







近況はこちらです

http://blog.goo.ne.jp/boti-boti_001


ブログランキングに参加しています

人気ブログランキングへ
posted by 出雲一寸 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック