最近の記事

2011年02月07日

20110207読書録「早わかりコミック三国志(中)」3

「早わかりコミック三国志(中)」3

著者 守屋洋・責任監修、とみ新蔵・作画
出版 知的生き方文庫

p257より引用
“能力は劣っていても、徳のある人物のまわりには、
人が集まってくる。”

中国文学家と劇画家である著者二人による、
日本で親しまれている中国古典「三国志」を、
読みやすく劇画にした一冊。
上・中・下三巻組み。
中巻は諸葛亮孔明とのであいから、
曹操が魏王になるまでが描かれています。

上記の引用は、
巻末コラムの劉備に関する一文。
どれ程実力を持っていても周囲の人間に嫌われてしまっては、
何事も成し遂げられないということでしょうか?
しかし一方で権謀術を数多く用いた曹操の下にも、
多くの人が集まるのだから、
人間と言うのは本当に複雑なんだなと思います。
中間の見所は、
最近映画になった赤壁の戦い。
映画では長い時間かけて描かれていますが、
この本では一章にコンパクトにまとめられています。
三国志を知る入門として。

ーーーーー



人気ブログランキングへ





posted by 出雲一寸 at 21:22| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。