最近の記事

2011年02月03日

読書録「地球怪食紀行」

「地球怪食紀行」

著者 小泉武夫

農学者、発酵学者である著者が
世界のあらゆるところであらゆる物を食べる、飲む
この方の食紀行をよんでいると自分が普段している食事は
実に狭い範囲での食生活なんだなと再認識します
しますが
この本やこの方のその他の著書に書かれている食材を
当たり前のように食べられる人はそう多くないのではないかと

この本だけでも取り上げられている食材の中に
日本に持ち込むことも出来ないものもあったり
写真を見ただけで受け付けられない人も居そうな食材があったりと
非常にバラエティに富んでいて
好みは分かれるでしょうが著者の語り口調も気さくで肩がこらず
食の多様性について考える入り口として
楽しい一冊です

ーーーーー





posted by 出雲一寸 at 19:38| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。