最近の記事

2019年07月31日

読書録「預言者モーゼの秘宝(上)」ほか

読書録「預言者モーゼの秘宝(上)」3

著者 ジェームズ・ベッカー
訳 荻野融
出版 竹書房文庫

p51より引用
“「わかりますよ。誰かがやらなくてはなら
ない、ですよね」ブロンソンは時計を見て、
ぼさぼさの黒髪をかき上げながら立ち上がっ
た。”

 イギリスの刑事を主人公とした、アクショ
ンサスペンスミステリ長編小説。シリーズ第
二弾。
 紀元73年、ローマ軍が攻め寄せる要塞の中、
抵抗組織の指導者が演説を行っていた。戦う
にしろ降伏するにしろ、悪い結果しか見いだ
せない状況にありながらも、指導者は勝利を
手にする方法があると確信していた…。

 上記の引用は、主人公・クリス・ブロンソ
ンが上司から面倒な仕事を頼まれた場面での
一節。
面倒だとよくわかっていて、やる人が減って
いく仕事を誰かが分かったうえで引き受けて
くれているから、世の中は回っているのでしょ
う。
 今回の舞台の始まりはモロッコ。外国で死
んだ人の住所が管轄内だからといって、海外
まで確認に行くような事ってあるのでしょう
か?
 歴史的なミステリやアクションシーンと、
映像化されても面白そうな作品ですが、主人
公のイメージが少し地味な感じです。

ーーーーー

読書録「預言者モーゼの秘宝(下)」3

著者 ジェームズ・ベッカー
訳 荻野融
出版 竹書房文庫

p30より引用
“「考古学は科学だと思っていたけどな。論
文の査読制度とか、放射性炭素年代測定法と
か、科学的手法を用いるものだと」
「夢物語ね。色んな他分野の人と同じで、考
古学は結果をごまかすし、それに合致しない
ものは無視することで知られているわ。”

 イギリスの刑事を主人公とした、アクショ
ンサスペンスミステリ長編小説。シリーズ第
二弾。
 地元民夫妻が殺される原因を手に入れた、
主人公・ブロンソンとその元妻。暗号を解き、
目指すべき目的地となったのはイスラエルで
あった…。

 上記の引用は、考古学者の発掘物などに対
する姿勢についての主人公・ブロンソンと元
妻・アンジェラの会話。
人の手によって行われることには、必ずその
当人の主観が入るものなのかもしれません。
昔、自分で埋めた物を発掘して有名になった
学者がいたことを、思い出してしまいました。
 舞台はモロッコからイギリス、そしてイス
ラエルへ。現実でも揉め事の種としてよくニュー
スになる宗教問題ですが、幸福や安寧を目指
すための考え方で諍いが起こってしまうのは、
なんともやるせない気持ちになります。
 一地方の刑事が他国を飛び回る羽目になる
様子が、じつに気の毒です。ダイ・ハードの
ジョン・マクレーンを少し思い出してしまい
ました。

ーーーーー

読書録「アンパンの丸かじり」4

著者 東海林さだお
出版 文藝春秋

p195より引用
“ 味噌汁は、かつお節や昆布のダシがちゃ
んと感じられてなかなか。
 さばの味噌煮はウチの近くの定食屋のもの
と比べて何ら遜色がない。
 ポテサラはじゃがいもの粉末状のものに水
を加えてマッシュポテト風に仕上がるのだが、
きゅうりやリンゴの細片も混じっていて、ちゃ
んとポテサラ。”

目次より抜粋引用
“カニ缶を奉る
 いい奴、じゃがいも君
 日本国鍋物法
 カラシと日本人
 盆栽と料理サンプル”

 マンガ家でありエッセイストである著者に
よる、食べ物に関するエッセイをまとめた一
冊。他社刊行作文庫版。
 カニ缶からうに丼まで、比較的身近な食べ
物について綴られています。

 上記の引用は、非常食について書かれた話
での一節。
非常時であっても、食べるものに選択肢があ
るのはありがたいものですね。ずっと同じも
のばかりを食べ続けられるのは、主食くらい
のものでしょうから。
 安定・安心の面白さ。食欲が出ない時の増
進剤にいいのではないでしょうか。とくにこ
れから猛暑に悩まされる毎日でしょうから。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 16:14| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日のつぶやき


posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

2019年07月29日のつぶやき


posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

2019年07月28日のつぶやき






posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

読書録「成功マインドのつくり方」ほか

読書録「成功マインドのつくり方」3

著者 ノア・セント・ジョン
訳  本田直之
出版 三笠書房

p173より引用
“ どんな聖人君子にも、他人の感じ方を変
えることはできないのです。
 それよりも、あなたが今、何ができるかを
考えてみてください。”

目次より抜粋引用
“1日3分でできる「心の持ち方」を変える法
 あなたを成長させてくれる「マインドの高
い人々」
 人生、仕事、世の中の「しくみ」を知る!
 心と体のエネルギーを充満させる習慣
 人間関係のストレスを減らす「シンプルな
考え方」”

 幅広い層の顧客を持つビジネス指導者によ
る、物事が成功するように行動するための、
気持ちの持ち方や使い方を記した一冊。
同社刊行「「デキる人」の脳」改題文庫版。
 心のブレーキのはずし方から行動力の発揮
についてまで、細かな段階に分けて書かれて
います。

 上記の引用は、今できることに集中するこ
との重要性について書かれた項での一節。
思い通りにならないことにやきもきするより、
思い通りに動く自分を全力で使うのが良いよ
うです。
ただ、人を当てにせず、全て自分でしてしま
おうとならないようにしないと、壊れてしま
いそうですね。人に任せることについても書
かれているので、そちらも参考になるのでは
ないでしょうか。
 実践して結果が出るかは分かりませんが、
ためしてみても大損するようなことは書かれ
ていないと思います。少しでも自分を変えよ
うとするなら、気楽な気持ちで読んでみてい
い一冊ではないでしょうか。
要点は章末にまとめられているので、そこだ
け拾い読みすれば、時間もかかりません。

ーーーーー

読書録「皇帝ネロの密使(上)」3

著者 ジェームズ・ベッカー
訳 荻野融
出版 竹書房文庫

p19より引用
“ 現在でいうバチカンの丘にあったネロの
庭園は、彼がローマの第一の敵と見なしてい
た初期キリスト教に対して残虐行為を行うた
めのお気に入りの場所だった。”

 ヨーロッパを舞台に、古代に残された謎の
言葉をめぐり繰り広げられる、アクションサ
スペンスミステリ長編小説。
 紀元一世紀、ローマ兵が手慣れた様子で磔
刑を執り行っている。刑の執行を見届けた将
軍が、天幕の前に戻ったところ、百人隊長か
ら新たなる報告が入った…。

 上記の引用は、紀元67年ごろのローマの様
子を描いた一節。
このような因縁のある場所が、現在のカソリッ
クの総本山となっているのは、なんとも複雑
な事です。亡くなった多くの教徒を弔うため
なのかもしれませんが。
 ヨーロッパという、国境が地続きである場
所ならではの描写が、日本を舞台にした小説
とは一味違って、スケールの大きさを感じま
す。
 古代ローマ、キリスト教の歴史に詳しけれ
ば、より面白さを感じることが出来そうな作
品です。

ーーーーー

読書録「皇帝ネロの密使(下)」3

著者 ジェームズ・ベッカー
訳  荻野融
出版 竹書房文庫

p150より引用
“「ずいぶん悪賢い方法があるのよ。かつて、
いくつかの犯罪、特に反逆行為や魔術は、死
刑だけでは足りずもっと厳しい罰を科された。
ある人が有罪と決まったら、その財産はすべ
て王が取り上げることができた。だから、死
体を掘り出して、新しい服を着せて、法廷に
座らせて、そうした罪で裁判をする。単に君
主が彼らの土地が欲しいだけのためにね。当
然だけど、被告はしゃべらないんだから弁明
できない。ということは、判決は最初から決
まったものになるわよね。実際こういう記録
がかなりあるのよ」”

  ヨーロッパを舞台に、古代に残された謎
の言葉をめぐり繰り広げられる、アクション
サスペンスミステリ長編小説。
 主人公・クリス・ブロンソンの元妻・アン
ジェラから連絡を受け、さらにその日に起き
たおかしな出来事から身の危険を感じた、ア
ンジェラの同僚・ジェレミー・ゴールドマン。
不安に駆られて慌てて歩道から飛び出し…。

 上記の引用は、古代ローマでの合法的強奪
についての主人公・クリスの元妻の台詞。
なんとも悪辣な事です。暗殺されたりする人
が多かったのは、こんなことをしていたから
なのでしょう。生まれたのが今の時代で本当
に良かったと思わせる話です。
 謎解きの部分が少々長く感じられました。
キリスト教に対する知識が深ければ、より面
白い作品なのではないでしょうか。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 18:09| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日のつぶやき










posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

読書録「オーダーは探偵に 謎解き薫る喫茶店」ほか

読書録「オーダーは探偵に 謎解き薫る喫茶
店」3

著者 近江泉美
出版 メディアワークス文庫

p154より引用
“「店長が作るトーストセットなんて怖くて
頼めないわよ!食事がしたいなら他の店員さん
がいる時か、別の店に行く。それがこの店の
鉄則でしょ」”

目次より抜粋引用
“ホットミルク
 コーヒーシュガー
 トーストセット(卵は目玉焼き、スクラン
ブルエッグ、ゆで卵、各種選べます)
 キャラメルコーヒー”

 就職活動中の女子大生を主人公とした、短
編連作日常系ミステリ。
 リクルートスーツに身を包み、走りゆくバ
スを追いかける、主人公・小野寺美久。しか
し人の足で車に追いつけるわけもなく、体調
も悪化し、休もうと脇道へ足を向けたが…。

 上記の引用は、主人公・美久が諸事情でバ
イトすることとなった喫茶店の常連客の台詞。
店長しか居ない時に初めて入って食事を頼ん
でしまった客は、いったいどうしたらいいの
でしょうか。客のあたりが悪かったら、店の
存続の危機に陥りそうです。
 もう一人の主人公・上倉悠貴の口の悪さが
実に辛辣、現実にこんな人がいたらトラブル
が絶えないのではないでしょうか。
 比較的平和な日常の問題を解決する話で、
穏やかな作品です。

ーーーーー

読書録「オーダーは探偵に 砂糖とミルクと
スプーン一杯の謎解きを」3

著者 近江泉美
出版 メディアワークス文庫

p75より引用
“「それでいいんだ。幸福が人を満たすとは
限らない。辛すぎて幸せを受け取れない事だっ
てある。だから時々涙も必要なんだ。泣きた
ければ泣いていいし、嫌な事があったらふて
くされていい。それで幸せを受け取る元気が
出てきたら、またおいしいものを食べて頑張
ればいい。喫茶店は人を幸せにしないよ。だ
けど、その人と泣いて笑って、一緒に幸せに
なるんだ」”

目次より抜粋引用
“レモンティー
 フレンチトースト
 炭酸水/ソーダ
 炭酸水/サイダー”

 就職活動中の女子大生を主人公とした、短
編連作日常系ミステリ。シリーズ第二弾。
 倒れたところを助けられた縁とその後の事
情で、喫茶店「珈琲エメラルド」でバイトを
始めた主人公・美久。仕事も気に入り、何時
ものように少し早く出勤して開店準備を始め
たところ…。

 上記の引用は、喫茶店「珈琲エメラルド」
の店長の台詞。
雰囲気が良くて、自分の気持ちに寄り添って
くれるようなお店は、貴重な存在なのではな
いでしょうか。生活範囲内にこんな店がある
と、日々の生活も彩り深くなりそうですね。
そういう店を目指しているから、店長の料理
の腕が壊滅的でも、常連客が出来てお店が続
くのでしょう。
 主人公・美久の状況に変化が生じる巻、彼
女の進む道は果たして…。
もう一人の主人公・悠貴の気持ちにも変化の
兆しが見られます。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 14:43| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書録「動人物、動物の中に人間がいる」

読書録「動人物、動物の中に人間がいる」4

著者 日高敏隆
出版 講談社

p42より引用
“ 道で出会った人に対するあいさつや、訪
問先の玄関でまず交わされるほとんど意味の
ない会話、車が混んでいてたいへんだったで
しょう、何時間ぐらいかかりました?などとい
う、もうちゃんと着いて目の前にいる人に対
してはほとんど無用と思われるやりとりなど、
すべてグルーミング・トークである。二匹の
ネコが出会ったときと同じように、人間は言
語で互いにペロペロなめあっているのだ。”

目次より抜粋引用
“人間はどこまで人間か
 動物はどこまで考えているか
 生き残るために
 空間と時間における動物と人間
 動物たちの空間利用”

 動物学者である著者による、色んな媒体に
書いた人と動物に関する文章をまとめた一冊。
他社刊行作、改題再編集文庫版。
 人の求愛行動についてから環境と人と動物
の関係についてまで、穏やかに時に辛辣な言
葉で綴られています。

 上記の引用は、人のグルーミングについて
書かれた項での一節。
においや直接の触れ合いがなくとも、言葉で
グルーミングが成立するという下地があるが
ゆえに、どんなに離れていても言葉が届く通
信環境が発達し、より高速なネット環境と技
術が普及したのは、必然だったのかもしれま
せんね。
 著者のエッセイ「春の数えかた」などに比
べると、少し硬い印象を受けます。
元の書籍の初版が1990年ですので、情報も変
化しているのでしょうが、動物と人間との関
係が静かに語られる文章は、気持ちにしみ込
むような感覚を覚えます。私が著者のファン
だからかもしれませんが。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 08:54| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

2019年07月23日のつぶやき




posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

読書録「つれづれ、北野坂探偵舎著者には書けない物語」

読書録「つれづれ、北野坂探偵舎著者には書
けない物語」3

著者 河野裕
出版 角川文庫

p38より引用
“ 雨坂続ー小説家は現実の情報を「設定」
として、物語を創る。推理ではない。あくま
で物語だ。だから、突飛な内容でも平然と語
る。
 佐々波蓮司ー編集者は物語の矛盾点を指摘
する。ストーリーが自然なものではなかった
なら、あるいは現実と僅かでも齟齬があった
なら、詳細にそれをつつく。
 小説家が創り、編集者が崩す。崩れたらま
た創り直す。こうして二人は真実ににじり寄
る。”

目次より抜粋引用
“バッド・クォートに憑く幽霊
 TO MY SISTER
 アナグラム・プログラム
 著者には書けない物語”

 小説家と元編集者でカフェオーナーの探偵
所長を主人公とした、長編ミステリ小説。
シリーズ第二弾。
 大学に入学し、サークルの勧誘に追いかけ
られている、小暮井ユキ。そんな彼女に勧誘
を躱すコツを教えてくれた女性は、劇団員を
しており…。

 上記の引用は、小暮井ユキから持ち込まれ
た依頼について話し合っている、主人公二人
のスタイルについて。
自分の行動を修正してくれる、信頼できる相
手がいれば、全力で物事を前に進められそう
ですね。
 二人の過去が少し明らかになる巻、今後の
物語の展開を楽しむために、重要な部分では
ないでしょうか。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 16:49| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日のつぶやき


posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

2019年07月21日のつぶやき




posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

2019年07月20日のつぶやき


posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

2019年07月19日のつぶやき




posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

2019年07月18日のつぶやき






posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする