最近の記事

2018年06月30日

2018年06月29日のつぶやき




posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

2018年06月28日のつぶやき




posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

2018年06月27日のつぶやき






posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

2018年06月26日のつぶやき






posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

2018年06月25日のつぶやき




posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

2018年06月24日のつぶやき




posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

2018年06月23日のつぶやき






posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

2018年06月22日のつぶやき




















posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

読書録「XBLADE10」ほか

読書録「XBLADE10」3

原作 イダタツヒコ
漫画 士貴智志
出版 講談社

p109より引用
“学界では異端扱いされてたけど 
この状況の中では頼りになるし
おまけに見てのとおりのタフガイだから
自然とリーダーに祭り上げられたってわけ”

目次から抜粋引用
“乱舞
 蜘蛛
 学長
 冥府”

 都心壊滅の大災厄の中心地から生還した少
年を主人公とした、剣劇アクションファンタ
ジー漫画。
 敵組織・ななつさやの総代にさらわれた仲
間を助けに、ななつさやを抜けた不二丸が向
かった。一方生存者たちの砦には、元ヤマタ
の野盗が異形のものと共に襲ってきた…。

 上記の引用は、閉鎖地区の生存者の砦の
リーダーについての紹介。
立ち塞がる壁を突き崩すものは、異端な存在
なのかもしれません。
 第二部終了。少しずつ技を磨く主人公・ハ
ル、そしてしばらく離れている幼なじみたち
との関係が、第三部では動き始める…。

ーーーーー

読書録「XBLADE11」3

原作 イダタツヒコ
漫画 士貴智志
出版 講談社

p44より引用
“さて!さて!忙しくなるぞ!
ここからがゲームマスターとしての腕の見せ
どころだ!!”

目次から抜粋引用
“月蝕
 野犬
 表裏”

 都心壊滅の大災厄の中心地から生還した少
年を主人公とした、剣劇アクションファンタ
ジー漫画。
 学校での事件の後、幼馴染故にカズナリの
変化に気づいていた早苗。夜に家を抜け出し
たカズナリの後をつけて見たものは…。

 上記の引用は、葵機関の上役で代議士の松
平の台詞。
人をコマにしてゲームのように状況を楽しむ、
陰謀渦巻く物語にはつきもののキャラクター
ですね。
 時代劇ではよく出てくる歴史上の剣豪も登
場、ハルの幼馴染も自分の目的のために動き
出し、物語はまた一つ新しい局面へ。

ーーーーー

読書録「XBLADE12」3

原作 イダタツヒコ
漫画 士貴智志
出版 講談社

p11より引用
“このまま店長で平穏に暮らしました
めでたしめでたし
‥‥ってのはムシが良すぎましたかねぇ‥
‥”

目次から抜粋引用
“着信
 影踏
 夜叉
 堕天”

 都心壊滅の大災厄の中心地から生還した少
年を主人公とした、剣劇アクションファンタ
ジー漫画。
 儀式の為に現代に喚ばれた剣士との戦いで
負傷し、バイト先の店長に匿ってもらった
早苗達。しかし店長は四年前の儀式の生き残
りで…。

 上記の引用は、早苗たちのバイト先の店長
の台詞。
一度なにかに深く関わると、なかなか縁は切
れないものなのかもしれません。
 第三部終了。次巻からはタイトルが変わっ
ているそうです。役者が出揃い、盛り上がり
を見せるのはここからのようです。

ーーーーー

読書録「禁断の魔術」3

著者 東野圭吾
出版 文藝春秋

p178より引用
“「もちろん科学技術には常にそういう側面
がある。良いことだけに使われるわけではな
い。要は扱う人間の心次第。邪悪な人間の手
にかかれば禁断の魔術となる。科学者は常に
そのことを忘れてはならないーそんなふうに
いった」”

 天才科学者の大学教授を主人公とした、長
編ミステリ小説。同社過去刊行「禁断の魔
術」所収「猛射つ」加筆・改稿版。
 夜も遅い東京のホテルに一人の女性が予約
どおりに泊まりに来た、何度か担当した事が
ある受付は、泊まりに来る度に名前が違うこ
とに気がついていた…。

 上記の引用は、家族を亡くした教え子に対
して言った言葉を、湯川が回想したもの。
科学者が皆このように思っていたら良いので
すが、禁術に手を出す魔術師のような人は多
いような気がします。
 ガリレオシリーズの長編は、どれも切ない
話であるように思います。軽快な謎解きを楽
しみたいなら、短編集のほうがいいのではな
いでしょうか。

ーーーーー

読書録「ことわざの論理」4

著者 外山滋比古
出版 筑摩書房

p118より引用
“まったく違ったことばを使い、まったく
違った社会と歴史の仲に生きてきたふたつの
国民が、同じ人間の心理に着目しているとい
うのは、おどろくべきことではないか。人間
はやはり人間としての心を共有している。”

目次から抜粋引用
“転石、苔を生ぜず
 急がばまわれ
 話半分腹八分
 人の噂も七十五日
 医者の不養生”

 大学教授である著者による、世界中にある
ことわざについて比較考察した一冊。過去他
社刊行文庫版。
 日本と他国で同じ意味のものからことばが
同じでも正反対の意味を表すものまで、こと
わざを通して人の心の動きや歴史について書
かれています。

 上記の引用は、「目くそ鼻くそを笑う」と
同じ意味を持つ英国の「なべがやかんを黒い
と言う」について書かれた一節。同じ人間だ
から、似たように物を考える、と思えること
もあります。しかし反対に、本当に同じ種類
の生物なのか?と疑問を覚える事もあります。
 正反対の意味を表すことわざが、両方共歴
史から消えずに残り続けていたりするのには、
なにかしら大切なことが含まれていることを、
人が感じ取っているからかもしれませんね。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 17:24| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日のつぶやき








posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

2018年06月20日のつぶやき






posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

2018年06月19日のつぶやき












posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

2018年06月18日のつぶやき
















posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

読書録「XBLADE7」ほか

読書録「XBLADE7」3

原作 イダタツヒコ
漫画 士貴智志
出版 講談社

p101より引用
“服装のゆるみは気のゆるみ
感心しませんね”

目次から抜粋引用
“矜持
 激突
 騎士
 幻影”

 都心壊滅の大災厄の中心地から生還した少
年を主人公とした、剣劇アクションファンタ
ジー漫画。
 地下の崩落によって、二手に分かれてし
まったハルと真名。仕方なく地上に出て合流
を目指すところ、いないと思っていた生存者
と出会う…。

 上記の引用は、閉鎖地区への同行者の一人
の台詞。
血と泥にまみれる戦闘地域でも、服装に気を
配れるとは、余裕です。
 都心が壊滅する事になった原因に近づく巻、
敵組織の大物たちも出張ってきて、戦いは激
化します。

ーーーーー

読書録「XBLADE8」3

原作 イダタツヒコ
漫画 士貴智志
出版 講談社

p61より引用
“我が愛刀「鬼ごろし」はね のんべでね
良い酒を呑ませればどんどん切れ味が増し退
魔の力を宿す
逆に悪い酒を呑ませるとーなまくら以下に成
り下がるのよ”

目次から抜粋引用
“雨音
 烈空
 鬼神
 笑顔”

 都心壊滅の大災厄の中心地から生還した少
年を主人公とした、剣劇アクションファンタ
ジー漫画。
 分断されたまま敵と戦い、護衛のアレック
スの力でなんとか難を逃れた真名と葵機関の
男。しかしその先でも異形に襲われ…。

 上記の引用は、ハルと同行する八重垣の台
詞。
刀を打つときの冷却に、酒を使って仕上げた
のでしょうか?酒飲まなければ切れないとか、
面白い設定です。
 真名と元の使い手・空士郎のきさつについ
て少し語り始められる巻、江戸時代も今も、
みんなが皆幸福でいられる時代は無いのかも
しれないなと思うと、切なくなります。

ーーーーー

読書録「XBLADE9」3

原作 イダタツヒコ
漫画 士貴智志
出版 講談社

p114より引用
“ある程度の自給自足は実現しつつあるんだ
けどね
正直まだ備蓄に頼らざるをえないのが現実‥

‥‥太陽光が利用できないのは痛いわね”

目次から抜粋引用
“夜魔
 再起
 城塞
 強襲”

 都心壊滅の大災厄の中心地から生還した少
年を主人公とした、剣劇アクションファンタ
ジー漫画。
 自分と空士郎の過去について語り始めた真
名、人としてようやく笑えるようになった
真名が刀となった理由とは…。

 上記の引用は、閉鎖地区で生き残っている
人たちの現況についての台詞。
大災厄後、四年間も陽の光が当たらなかった
ら、植物の栽培はまともに出来なかったで
しょうね。それ以前に、体が保たない気がし
ます。
 何故、真名は空士郎の刀となったか、物語
に深みを与える人物背景が描かれた巻となっ
ています。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 16:34| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日のつぶやき














posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする