最近の記事

2018年07月16日

2018年07月15日のつぶやき






posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

2018年07月14日のつぶやき








posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

2018年07月13日のつぶやき








posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

2018年07月12日のつぶやき












posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

2018年07月11日のつぶやき










posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

2018年07月10日のつぶやき






posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

2018年07月09日のつぶやき






posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

2018年07月08日のつぶやき








posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

2018年07月07日のつぶやき




























posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

読書録「ZOMBIE-LOAN6」ほか

読書録「ZOMBIE-LOAN6」3

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p14より引用
“あいすいませんねぇ
とある事情でお上からの締めつけが入りまし
て…”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 主人公たちが所属するzローンが狙おうと
している高額な獲物が、先を越されて狩られ
ていた。今まで聞いたことのない、自分たち
の同類の可能性に首をかしげていると…。

 上記の引用は、zローンの上司の台詞。
どんな仕事をしていても、自分たちにより利
益を誘導するために、横やりを入れてくる人
はいるものですね。何か制度が変わるときは、
表向きの言い訳の後ろで動いている人たちが
利益を得ているのかもしれません。陰謀論か
もしれませんが。
 前巻の最後に出てきた人物たちは、やはり
ライバルとなりました。主人公たちの上司が
所属する組織と対抗組織、ライバルたちとの
対決と、大いに盛り上がりを見せます。

ーーーーー

読書録「ZOMBIE-LOAN7」3

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p40より引用
“人間の視覚とは網膜で得た情報を脳内に再
構築した物
目では見えていても脳がそれを認めなければ
見えて居ないも同じ…”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 命をかけたゾンビ狩り対決をしていた主人
公たちとライバルたち、ゾンビを追い同じよ
うに主人公たちの通っている学園に突入した
ところ、別組織の罠に一緒にかかってしまい
…。

 上記の引用は、主人公たちの学園理事長の
台詞。
目の前にあってもそのものに気が付かない時
は、脳の方で受け取っていないのですね。
探しものがなかなか見つからない時は、脳が
休まるようにすると見つかりやすいかもしれ
ません。
 ライバルとの共闘、過去との繋がり、複雑
さを増しつつ物語は加速して行きます。

ーーーーー

読書録「ZOMBIE-LOAN8」3

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p43より引用
“ちょいとばかりのきっかけでそいつは
白にも黒にもなる
運命なんてモンはしょせん日和見…”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 時をも超えた異空間を脱出するため、共に
戦う主人公たちzローンとライバルAローン
チーム。離れて戦っていたチカとシトは何と
か合流出来るも、みちるは一人敵の前に…。

 上記の引用は、zローンの社長・鼈甲の台
詞。
運命は必然か偶然の連続か、普通人は目の前
で起こった事に対処して毎日を過ごすので
精一杯です。
 A対z一区切り、主人公たちの日常が少し描
かれていて、良い息抜きとなっています。

ーーーーー

読書録「ZOMBIE-LOAN9」3

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p119より引用
“「徐福」
それはそもそも不老不死の妙薬を求め
東方へと旅立った男の名
栄華の全てを手中にし生に執着する
秦の始皇帝の欲から徐福の旅は始まった”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 ライバルたちとの対決が一段落し日常業務
に戻った主人公たち、しかしみちるを救うた
めコヨミの中の人格が安否不明となり…。

 上記の引用は、徐福伝説についての解説。
日本を舞台にした作品で、不老不死を扱うと
きにはよく出てくる伝説です。日本に来て死
んで、お墓もあるとかどうとか…。この手の
話は信じていいかどうか、確かキリストのお
墓も青森かどこかにあるように伝わっていま
すよね。
 主人公の一人・シトが出生について自ら語
る巻。みちるを助ける為に消えたヨミとコヨ
ミの関係も明らかになり、見逃せない展開。

ーーーーー

読書録「ZOMBIE-LOAN10」3

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p115より引用
“神秘は薄闇にあればこそ神秘なのです
闇の中で手探りし指先で恐る恐る触れる…
生命とはすなわちそうした扱いこそがふさわ
しいものだ”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 自らと母親の為に生命のローンを組んだ事
を、チカたちに語ったシト。次にライバル社
の事情を聞こうとしたところに…。

 上記の引用は、シトを捉えた徐福構成員の
台詞。
西洋科学は理に光を当てすぎるとのことです
が、科学が精密に進歩すればするほど、わか
らない事も増えているようですね。
 見えないものが見えるだけ、と思っていた
みちるの秘密についても少し明らかになる巻。
シトの身も危機に陥り、後を引く終わり方で
す。

ーーーーー

読書録「ZOMBIE-LOAN11」4

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p105より引用
“……どう死ぬかそれはつまり
どう生きたかということではないですか?”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 秘術で体を乗っ取られ、チカたちと戦う
シト。陣で動きを封じられたチカたちの元に、
彼岸からみちるが戻り…。

 上記の引用は、徐福の構成員の台詞。
生まれは選べませんが、生き方死に方には少
しは自分の意志が反映出来るのではないで
しょうか。まあ、そんなに思い通りに生きら
れることは、少ないとは思いますが。
 シト・徐福編終結。切ないエピソードで考
えさせられる話でした。
一旦日常が戻りますが、物語はいよいよ大詰
めへ。みちるの事情に関わり、大物たちが直
接動く…。

ーーーーー

読書録「ZOMBIE-LOAN12」3

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p72より引用
“すごい昔の家庭用ゲームのロムカセットは
データのバックアップができなかったんだ
それでゲームのセーブデータをパスワードで
管理してた頃があったんだよね”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 拠点であるzローンが存在ごと消えてし
まった、みちるも一緒に消え一時退却を余儀
なくされたチカとシトたちは、ホテルに身を
隠す…。

 上記の引用は、チカの昔なじみで敵対した
りもした男の台詞。
この台詞を懐かしいと思える人は、結構な年
齢でしょう。メモし間違えて、やり直しを何
度もした苦労のおかげで、バックアップの便
利さを実感できたものです。しかし、初期の
バッテリーバックアップは、パスワードのメ
モ失敗並みによくデータが消えもしました。
本当に懐かしい限りです。
 みちるの存在が全ての中心となり、物語は
大きく動きます。

ーーーーー

読書録「ZOMBIE-LOAN13」3

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p159より引用
“金ってのは人間の欲が結晶化したようなモノだ
欲ってのは実に強烈で揺るぎない……
ある意味純然としたエネルギーなんです”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 みちるの存在と正体を語り始めたzローン
社長・鼈甲、しかし話を遮るように川の流れ
が荒れはじめ…。

 上記の引用は、命を燃やして戦うチカの昔
なじみを見ての鼈甲の台詞。
欲がなければ人は前を向いて生きる気になり
にくいのかもしれません。が、欲が過ぎると
自分以外に影響が大きいでしょうから、使い
方には気をつけたいものです。
 作品完結。凄くなんでもアリな感じのする
話でした。しかし、なんでもアリでありなが
ら、世の中のままならなさを感じるオチで、
苦笑いしてしまうような終わり方です。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 16:25| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日のつぶやき


















posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

読書録「ZOMBIE-LOAN」ほか

読書録「ZOMBIE-LOAN1」3

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p89より引用
“俺だって好きでこんな体になったワケじゃ
ねーよ”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 クラスメイトに頼まれたパンを買った帰り、
何かを踏んでこけてしまった主人公・紀多み
ちる。落としたパンを一緒に拾ってくれた少
年は、学校では有名な人物だった…。

 上記の引用は、主人公の一人・赤月知佳の
台詞。
自分の望んだ体や能力、生まれる立場を盛っ
ている人なんて、一体どれくらいいるので
しょうか。それに、どんなに恵まれた境遇で
も、無い物ねだりをする人がいるでしょうし。
 主人公三人が三人とも、最初から重苦しい
雰囲気です。合間に行きを抜く部分もありま
すが、明るく楽しい作品ではないのではない
でしょうか。

ーーーーー

読書録「ZOMBIE-LOAN2」3

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p35より引用
“ここって学園七不思議スポット第一位の場
所じゃないですか”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 主人公・知佳と思徒に負債を肩代わりして
もらい、命をとりとめた主人公・みちる。窮
地から助かる事で、意識にも変化が起こり…。

 上記の引用は、みちるが引っ越した新居に
ついてのみちるの台詞。
学園七不思議は私の子供の頃の学校にはあり
ませんでしたが、現実でも世界的な不思議や
謎はあり続けています。人は何か分からない
ものがある方が、楽しく生きて行けるのかも
しれませんね。
 登場人物も出揃ってきて、盛り上がりを見
せる巻、一巻よりも賑やかな雰囲気となって
います。

ーーーーー

読書録「ZOMBIE-LOAN3」3

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p106より引用
“誰かが死ねばああして涙を流す人間だって
いる
生まれてから死ぬまで関わった人との断ち切
れない絆があるからな
脇役だろうと主役だろうとそれが生きた証っ
てヤツだ”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 仮想殺人サイトのオフ会に紛れ込んだ主人
公・みちるとコヨミ、常軌を逸したオフ会参
加者の言動に、みちるは思わず声を上げてし
まい…。

 上記の引用は、ゾンビにされ主人公たちに
葬られた女性の葬式でのチカの台詞。
何か物を作ったり、何か物を書いたり、誰か
が見ているかどうか分からなくても続けてい
くのは、人の群れとしての本能なのかもしれ
ません。誰かが見てくれている事が数字でわ
かるようになったことが、ネットが大きく普
及した要因の一つなのかもしれないですね。
まあ、エロのほうが大きい原因でしょうが。
 温泉旅行の話がある巻、テコ入れというや
つでしょうか。

ーーーーー

読書録「ZOMBIE-LOAN4」3

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p43より引用
“ゾンビであるボクが殺した人間は
伝染するみたいにゾンビになるんだって”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 ゴタゴタと騒がしかった旅行から帰ってき
た主人公一行、旅の疲れを取ろうと自室に向
かったシトは部屋の異変に気づく…。

 上記の引用は、白衣を着た謎の人物の台詞。
ゾンビを扱った作品では基本的な設定ですね、
こうしてどんどん広がる可能性があるから、
ゾンビ作品は怖さを感じるのでしょう。現実
の伝染病の恐怖があっての怖さなのかもしれ
ません。
 主人公の一人が危機に、しかし仲間が助け
るために奮闘する、といった王道な展開が繰
り広げられます。

ーーーーー

読書録「ZOMBIE-LOAN5」3

著者 PEACH-PIT
出版 SQUAREENIX

p95より引用
“いくら運命を曲げたところで
ヒトは輪から抜け出すことは永遠にできな
い”

 生まれながらに人に見えないものが見える
少女と大事故から生還した二人の少年を主人
公とした、ダークファンタジーマンガ。
 生死を思うままに操る事を目標とする医師
に拐われた主人公・シト。シトの体とそれを
作り上げた組織の秘術を狙う医師の元へ、
チカとみちるは救出に向かう…。

 上記の引用は、ARRCと名乗る組織の構成員
の台詞。
どれ程がんばっても運命の内なのであれば、
その時思ったことを思ったようにしてしまっ
ても、運命なのかもしれません。だからと
いって、犯罪を犯すのも運命とか言われても、
困ってしまいますが。
 主人公たちの上司の正体も明らかになりつ
つあり、さらにライバルも出現か?といった
盛り上がりを見せる巻。主人公・シトの秘密
も語られ、物語はより深く広がりを見せます。

ーーーーー

posted by 出雲一寸 at 12:41| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日のつぶやき




posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

2018年07月04日のつぶやき








posted by 出雲一寸 at 00:01| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする